>English

会社沿革

客室乗務員制服の変遷

1982~1990

昭和57.12.1~平成2.11.1

'82制服

デザイナー 芦田 淳氏

創立30周年記念日に一新しました。
前のユニフォームとは一転して、かっちりしたデザインのダブルのスーツです。
写真右側の赤いスーツは、空港係員の制服です。

新塗装のトライスターと

当時の客室乗務員の思い出

客室乗務員全員による投票で、この制服の原型は決まりました。
もとはワンピースだったのですが、手を伸ばしてストウェッジを閉めると、おなかが覗いてしまうオーバーブラウスに変わってしまったのはなぜでしょう?
涼しくて良いとはいうものの、毎回手を上げる度におなかがチラリ、は悩みの種でした。

スカーフは色と結び方を、エプロンはシャープなすっきりラインと可愛らしいぶりっ子(当時の流行語)スタイルの2種類を、その日の気分で選ぶことができたためか、制服についてお客様からのご質問も多く、これをきっかけに会話が弾んだものです。