>English

会社沿革

客室乗務員制服の変遷

2005~2015

平成17.5.1~平成27.1.31

'05制服

デザイナー 田山淳朗氏

2005年5月、ANAグループで統一されたブランドを効果的にアピールするとともに、グループの一体感を高めることを目的として新しいユニフォームが導入されました。ユニフォームの策定に当たってはANAの経営理念である「安心」と「信頼」を基本に、ANAの創立50周年と羽田第2旅客ターミナルへの移転を機に、「変革」と「新しさ」をお客様に感じていただくことをコンセプトとしています。

2005年

選定にあたっては、お客様との双方向コミュニケーションを具現化するため、客室乗務員のユニフォーム案を3タイプ作成し、2004年6月1日~6月30日の期間、お客様のご意見をいただき、新ユニフォーム選定の参考といたしました。

当時の客室乗務員の思い出

この制服は、ANAグループの客室乗務員が統一したデザインのものを着用することになった記念の制服です。初めのうちの袖を通すことの嬉しさが、今では制服を着て口紅をつけると身が引き締まり、ANAグループのCAの一員であるという責任感が自分の中から芽生えてくるようになったのを感じます。
制服はその会社のイメージそのものであると思います。このANAグループの制服を着ている私達は、今まで以上に清潔感のある身だしなみと親しみやすい笑顔で「あんしん、あったか、あかるく元気!」なサービスをお客様に感じていただけるように、日々努力していきます。