>English

会社沿革

運航機材の歴史

ボーイング747SR-100スーパージャンボ

諸元表

全 幅 59.6m
全 長 70.7m
全 高 19.4m
座 席 数 528席
(スーパーシート×20
普通席×508)
最大離陸重量 263,900kg
巡航速度 880km/h(M0.83)
最大運用高度 13,700m
航続距離 2,590km
離陸滑走距離 1,700m
着陸滑走距離 2,170m
燃料容量 181,940l
エンジン形式名 ゼネラル・エレクトリック CF6-45A2型
エンジン推力 21,090kg×4基

ボーイング747SR-100スーパージャンボ

1979.1~2006.3

ボーイング747シリーズは機首の部分が2階建てになっていて、外から見るとコブのように見えるのが特徴。「ジャンボ」の愛称で親しまれていました。
SRは短距離(Short Range)の略で、ANAにとっては最初のジャンボジェットとして昭和54年に導入されました。

  • ●「NEXT ONE」のキャッチコピーで登場、旅客機の定員を世界で初めて500名の大台に乗せた。
  • ●世界初の機内ビデオ設備「スカイビジョン」が標準装備された。
  • ●就航に併せ、スチュワーデスの制服が変更された。(三宅一生デザイン)

ボーイング747SR-100スーパージャンボ