>English

会社沿革

運航機材の歴史

NAMCO YS-11A-500R オリンピア

諸元表

全 幅 32.00m
全 長 26.30m
全 高 8.98m
座 席 数 60~64席
最大離陸重量 25,000kg
巡航速度 450km/h
最大運用高度 6,100m
航続距離 1,200km
離陸滑走距離 1,400m
着陸滑走距離 1,110m
燃料容量 4,960l
エンジン形式名 ロールスロイス・ダート MK543-1Q10K
エンジン推力 (2,775shp+推力336kg)×2基

NAMCO YS-11A-500R オリンピア

1965.9~1991.8

日本初、そして未だに唯一の純国産旅客機です。
昭和39年、東京オリンピックの年にデビューしたため、オリンピアの愛称がつきました。
全日空便としては1991年に引退、ANK(エアーニッポン)便も2003年8月をもって引退し、ANAグループでの役割を終えました。

  • ●当社導入(リース)1号機が、昭和39年東京オリンピックの聖火を沖縄から鹿児島、宮崎、札幌へと輸送したため、ANAのYS-11には「オリンピア」の愛称がついた。
  • ●一回り小さなフレンドシップ機の後継機種として、ローカル線を中心に日本全国をネットし、ANAの基礎を築いた。

NAMCO YS-11A-500R オリンピア