運航機材の歴史
ボンバルディア DHC8-Q300

ボンバルディア DHC8-Q300

2001.2〜
(2002年7月により就航)
愛称である「Q300」にも表されるように、客室内や外部への騒音が少なく静かな(Quiet)飛行機です。DHC-8の客室内騒音低減装置(NVS)は、飛行中の騒音を大幅に抑えています。それぞれの機体に花のデザインを施し、北海道内および伊豆諸島を飛ぶQ300が日本の空の旅をより快適により楽しくします。
諸元表
全  幅 27.4m
全  長 25.7m
全  高 7.5m
座 席 数 56席
最大離陸重量 19,000kg
巡航速度 約520km/h
最大運用高度 約7,500m
航続距離 1,000km
エンジン形式名 プラット&ホイットニー社
PW-123B
ボンバルディア DHC8-Q300
[運航機材の歴史 TOP] [1953-1961] [1962-1982] [1983-2005]