>English

会社沿革

年表詳細

年月 沿革
平成12年
(2000)
2/14 国際線旅客数、2500万人を達成
3/26 関西-ホノルル線開設(B767-300ER
7/1 羽田-大阪間シャトル便スタート
7/24 B777-300長距離型機の導入を決定
11/2 羽田-グアム線チャーター便就航(B767-300ER
12/22 タイ国際航空とコードシェアを開始
12/27 アシアナ航空とコードシェアを開始
平成13年
(2001)
1/19 ヴェトナム航空とコードシェアを開始
2/16 羽田国際チャーター便、運航開始
2/21 特別塗装機「ANAウッディージェット」就航
3/25 名古屋-バンクーバー線でエア・カナダとコードシェアを開始
3/27 成田-ホーチミンシティ線就航
4/27 (株)エアーニッポンネットワーク(現 ANAウイングス(株))設立
6/1 国内線に「フレックストラベラー制度」導入
7/1 羽田-大島便で新型機が就航(DHC8-300
9/1 ブリティッシュ・ミッドランドとコードシェアを開始
平成14年
(2002)
3/31 成田-ソウル線を開設(B767-300ER
4/18 地方空港と成田空港を結ぶANA Connection運航を開始
成田-厦門線就航
成田-台北線でエバー航空とコードシェアを開始
4/25 全日空・アシアナ航空、マイレージサービスで提携
6/25 エア・ドゥとの包括提携へ
7/1 (株)エアーニッポンネットワーク(現 ANAウイングス(株))運航開始
7/12 「Vナビ」24時間専用ダイヤル(音声自動応答システム)を開設
9/17 エア・ドゥと「業務委託基本契約」を締結
10/25 2002年度冬ダイヤよりB767-300F(貨物専用機)が成田-厦門線に就航
平成15年
(2003)
2/1 エア・ドゥとコードシェアを開始
3/30 ユナイテッド航空と関西-ホノルル線でコードシェア運航
4/1 ANAグループ航空券と旅行商品の総合販売カウンター「ANA SQUARE」を開設
スパンエアーならびにLOTポーランド航空とマイレージ提携を開始
6/1 ヴァージンアトランティック航空とマイレージプログラムで提携開始
6/28 ボーイング737-Next Generation シリーズ計45機を確定発注
11/5 初の深夜貨物便が就航(羽田-新千歳、ボーイング777-300型機)
11/30 羽田-金浦線就航
12/5 USエアウェイズと包括提携契約を締結
平成16年
(2004)
3/5 AMC会員1,000万人突破記念キャンペーンを実施
3/9 成田空港に国際線用自動チェックイン機を設置
3/28 成田-瀋陽線、関西-杭州線就航
3/28 エアチャイナとコードシェアを開始
マレーシア航空とコードシェアを開始
3/29 成田-杭州線就航
4/1 ANA、エアーニッポン、エアーニッポンネットワークの国内路線全便を対象に、便名を「ANA」に統一
4/26 ボーイング767-300型機の後継機種として次世代中型機「ボーイング7E7シリーズ(現787)50機の発注を決定。ANAは世界のエアラインで初めての発注会社
5/4 USエアとのマイレージプログラム提携
5/24 新・ポケモンジェット「ピカチュウジャンボ」(ボーイング747-400型機)が国内線に就航
6/1 名古屋―稚内線就航
7/10 成田・関西空港出発の国際線にて携帯電話および2次元バーコードによる国際線搭乗手続きを開始
8/1 シンガポール航空とコードシェアを開始
8/20 エアーネクスト(株)(現 ANAウイングス(株))設立
9/1 上海航空とコードシェアを開始
11/1 小松-成田線就航
11/15 成田-上海にB777-300ER型機就航
12/1 羽田空港第2ターミナルビルオープン
国内線スーパーシートプレミアム誕生
平成17年
(2005)
2/1 カタール航空とコードシェアを開始
3/27 エアチャイナと日本-中国間の全便でコードシェア
4/25 成田-広州線就航(ボーイング767型機)
5/1 ANAグループ5社で、客室乗務員と地上スタッフのユニホームを15年ぶりに一新
5/16 中部-上海線就航(ボーイング767型機)
6/1 LOTポーランド航空とコードシェアを開始
10/1 国内線で、チケットの購入と同時にチェックインできる「スマートeチケット」を展開
10/23 上海航空とコードシェア開始
12/1 予約から搭乗までITを利用した「スマートeサービス」を国際線にも拡大
平成18年
(2006)
1/30 (株)ANA&JPエクスプレス(現(株)エアージャパン)設立
3/1 国内線において2次元バーコードを取り入れた「スマートeチケット(チケットレス)」化を順次拡大
3/3 国際線就航20周年
3/10 「スーパージャンボ」ボーイング747SRが退役
4/1 スカイネットアジア航空とコードシェアを開始
スイスインターナショナルエアラインズとのマイレージプログラム提携を開始
アシアナ航空と相互の貨物便においてコードシェアを開始
4/25 上海-西安線で上海航空とコードシェアを開始
6/2 ANAおよびスターアライアンス各社が成田空港第1ターミナル南ウイングに集結し、大規模出発ラウンジの共有など新しい国際線サービスを開始
6/2 スイス インターナショナル エアラインズとコードシェアを開始
9/1 国内線でICカードや2次元バーコードを利用したチェックイン不要の新搭乗サービス「スキップサービス」を開始
10/29 成田-シカゴ線就航
平成19年
(2007)
2/15 羽田空港第2旅客ターミナルに「南ピア」オープン
3/25 中部-広州線就航(B737-700 ANA Business Jet)
4/22 南アフリカ航空とコードシェアを開始
5/30 アシアナ航空との戦略的提携に合意
6/1 スターフライヤーと国内線コードシェアを開始
7/25 日中国交正常化35周年と中国線就航20周年を記念した特別塗装機「FLY!パンダ」(ボーイング767型機)が成田-北京線で運航開始
9/1 スカイネットアジア航空(羽田-鹿児島)とコードシェアを開始
9/1 成田-ムンバイ線就航(ANA Business Jet)
9/29 羽田-上海(虹橋)線就航
12/16 TAPポルトガル航空とコードシェアを開始
平成20年
(2008)
1/8 国内線時刻表リニューアル
2/29 エアバスA321が退役
4/1 トルコ航空とコードシェアを開始
ANA CARGO ロゴデザインをリニューアル
4/1 羽田-香港線就航
4/1 国内線プレミアムクラス導入
4/26 羽田-三宅島線再開
5/21 ジェットエアウェイズとコードシェアを開始
6/16 世界で初めて貨物専用機767-300BCFを受領。自社所有旅客機(B767-300)を改造した機体
11/1 スターフライヤーと羽田-関西線でコードシェアを開始
11/11 環境省よりエコ・ファースト企業に認定
平成21年
(2009)
5/1 関西-ソウル(金浦)線開設
5/18 成田-台北線にサービス補助員を導入。現地公用語によるお客様へのご案内、通訳、機内アナウンスなどのサービスを実施
5/20 深圳航空とコ-ドシェアを開始
6/4 富士山静岡空港開港 静岡-札幌線、沖縄線を開設
8/3 ヴァージン アトランティック航空とコードシェアを開始
9/10 羽田発の主要幹線でANAカーボン・オフセットプログラムを開始。10月1日から国内線全便に導入
9/16 USエアウェイズとコードシェアを開始
10/25 羽田-北京線就航、関西-大連線再開
10/26 「沖縄貨物基地」から、日本を含むアジア域内主要8都市を深夜便フレイターでスピーディに結ぶ、沖縄貨物ハブに新・航空ネットワーク開始
11/1 オリエンタルエアブリッジとコードシェアを開始
12/1 国内線・国際線に新たな有料サービス「ANA My Choice」の提供を開始
特別塗装機「ANAモヒカンジェット」が20年振りに復活