>English

会社沿革

年表詳細

年月 沿革
昭和55年
(1980)
3/31 福岡−壱岐、福岡−福江線を日本近距離航空に移譲
4/30 長崎−対馬線を日本近距離航空に移譲
5/21 名古屋−函館線、運航開始(B737使用、1日1往復)
8/1 仙台−那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和56年
(1981)
7/1 福岡−新潟線、運航開始(B737使用、1日1往復)
7/25 創業以来の累計旅客数2億人を達成(日本の航空史上初めて)
7/31 長崎−福江線を日本近距離航空に移譲
昭和57年
(1982)
7/24 名古屋−秋田線運航開始(B737使用、1日1往復)
12/1 創立30周年を迎える。30周年記念日を期してスチュワーデス、グランドホステス、男性空港地上職員のユニフォームを一新(デザイン、芦田淳) 、 またニューデザインによるリペイント初号機となったトライスターもデビュー、ラインに投入
昭和58年
(1983)
3/4 ロールスロイス社からRB-211-22B-02エンジンの100万運転時間達成に対し、記念品を受ける
6/21 B767-200型機が東京−松山線、大阪−松山線で運航開始
10/1 大型および速達小包郵便物の輸送開始
11/1 ANAスカイポーターサービス開始
昭和59年
(1984)
2/1 「ANAカード」の取扱いを開始
5/25 ジェット機の就航20周年を迎える
7/30 小松−仙台線を開設(YS-11使用、1日1往復)
8/24 国際チャーター便旅客数100万人を達成
11/30 「スカイキャプテン」「スカイプッシュホン」がサービス開始
昭和60年
(1985)
10/25 創業以来の累計旅客数3億人を達成(日本の航空会社で初めて)
11/1 スーパーシート運用開始
11/15 大分−那覇線を開設
昭和61年
(1986)
3/3 初の国際定期便、東京−グアム線の運航開始(L-1011
4/14 アメリカン航空と業務提携契約を締結
6/7 東京全日空ホテル開業
7/8 100機目のボーイング機受領
7/12 成田−大阪線の運航開始(L-1011使用、1日1往復)
7/16 B747LR型機で東京−ロサンゼルス線の運航開始
7/26 東京−ワシントン線の運航開始
昭和62年
(1987)
4/1 日本近距離航空(NKA)、社名をエアーニッポン(ANK)に変更
4/16 東京−北京、東京−大連−北京線の運航開始(L-1011
6/1 札幌−稚内線、東京−稚内線開設(B737使用、1日1往復)
7/10 B767-300型機が東京−熊本−大阪−長崎−東京線で運航開始
7/25 東京−香港線の運航開始(L-1011
10/26 東京−シドニー線の運航開始(B747LR)
11/2 情報システムセンタービル竣工
昭和63年
(1988)
4/1 整備士の制服を15年ぶりに一新
5/1 「ANA SKY SHOP」発行
5/23 able(新総合旅客系システム)稼働開始
6/1 出光興産給油所で航空券販売開始
7/1 東京−ソウル線の運航開始(B767-300
10/1 営団地下鉄で全日空の国内線航空券の販売を開始
平成元年
(1989)
1/1 IATAに加盟
4/1 全日空歴史展示室オープン
4/27 東京−ストックホルム線がスカンジナビア航空と初の共同運航で就航(DC-10)
7/14 B767-300ER型機が東京−バンコク線で運航開始
7/16 東京−モスクワ−ウィーン線がオーストリア航空、アエロフロート航空との共同運航で就航(A310)
7/22 東京−ロンドン線就航(B747LR
9/25 国際線旅客数200万人を達成
11/16 東京−サイパン線就航(L-1011