>English

安全への取り組み

Safety Information
24時間機内医療体制(国際線)

平成12年6月15日より、米国MedAire社(www.medaire.com )と契約し、国際線全便(自社機材運航便のみ)に「24時間機内医療体制」を導入しました。

「24時間機内医療体制」とは、機内で急病人が発生した場合、必要に応じて、米国アリゾナ州フェニックスにあるMedAire社と機内より無線などで交信し、急病人の症状に合わせて適切な医療アドバイスを、24時間365日、世界中どこを飛行していても受けることができるものです。
MedAire社の提供する「24時間機内医療体制」サービスは「MedLink」と呼ばれ、同社は1986年の創立以来、航空医療分野における先鋭的なサービスを、十数年にわたって提供してきた実績を誇ります。

従来より実施している機内での救急看護(応急処置)や、機内に乗り合わせた医師の方などの協力による医療措置に加え、MedAire社からの医療アドバイスに基づいた処置を施すことができる体制を整備したことにより、機内において迅速かつ確実に応急処置が施され、非常に大きな効果が期待できると考えております。


[BACK]