>English

安全への取り組み

Safety Information
対地接近警報装置

航空機が地面と衝突する事故を防止するために、電波高度計の情報を使って地面へ不用意に接近しつつあることを感知し、音声で警告する装置「GPWS(Ground Proximity Warning System)」です。

最近実用化された強化型の対地接近警報装置(Enhanced-GPWS)では、山等の地形をデータベースとして内蔵しており、前方の地形を予知し、接近する前に音声ディスプレーで警報を発することができます。

ANAでは、在来型の対地接近警報装置を全機装備完了し、更に日本で先駆けて強化型を採用し全機装備を目指しています。

飛行航路上の山岳地帯の想定図
飛行航路上の山岳地帯の想定図
飛行航路の画面上に表示された地形データ
飛行航路の画面上に表示された地形データ

[BACK]