これまでの「お客様の声」
 
私達の目を楽しませてくれた色鮮やかな紅葉も、いよいよ終盤にさしかかってきました。早い所では、もう冬支度も始まっているようです。これからは寒さが増してきますが、ANAをご利用いただいたお客様には「あったか」な気持ちで飛行機を降りていただけるよう「お客様の声」に耳を傾けながら、サービスに努めてまいります。
お客様の声
 飛行機に乗る時、一番前の荷物棚に頭をぶつけてしまいました。これでもう3回目です。自分で気をつければよいのでしょうが、つい足元に気をとられて頭上を注意していませんでした。他にも痛い思いをされている方はいると思いますが、何とか工夫をしてもらえないでしょうか。
(男性 73歳)





改善しました
緊急脱出時の方法について音声で具体的な説明を加えました。
 ご指摘ありがとうございました。B737の一部の機材は、前方出入口からご搭乗いただいてすぐの所に隔壁がないため、1列目の荷物棚に頭をぶつけられるお客様が数多くいらっしゃいました。客室乗務員からご注意いただくよう、声をおかけしておりましたが、平成17年9月5日より「保護用クッション」を取り付けることにいたしました。これはDHC8機で使用しているクッションを、B737機に対応できる大きさにリメイクしたもので、取り外しが可能です。お客様がご搭乗、ならびに降機される際に客室乗務員が取り付けております。今後はシート仕様の変更に併せて、順次取り付けタイプから着脱不要タイプに変更していく予定です。
 
 

※このページは機内誌「翼の王国」(2005年11月)でもご紹介しています。
<< Vol.25 お客様の声INDEX Vol.27 >>