コース紹介・攻略法

16番ホール 
YARDS 169 /PAR 3 難易度13※

このショートは、ティーショットのクラブ選択が問題だ。風によって、ショートからロングアイアンまでを使い分けなければならない。風がフォローの時は止まりにくく、グリーンをオーバーすると6~7ヤード下に落ちてしまう危険性がある。風を計算して、どれだけ正確にグリーンをとらえるかが見ものだ。このホールにはホールインワン賞が設定されている。
※難易度は'16年大会における4日間トータルの難易度順位で数字が小さいほど難しいことを示す。
(難しい1→18易しい)

コース紹介動画

2016年の名場面

16HOLE

大会最終日。首位を4打差で4位から追いかける、本大会2勝目がかかる池田勇太の16番。3メートルのバーディパットを決め、いよいよ単独首位に立つ。一時は3打差をつけリードするも、惜しくも1打差で今季2勝目を逃した。

HOLE16