出場予定選手プロフィール

イメージ
朴 相賢1983年4月24日生 身長171cm 体重71kg

日本ツアーには2014年から参戦。3年目となる2016年は上位に何度か食い込み、最終戦「日本シリーズ」で見事なチップインバーディを決め、劇的な逆転優勝を飾る。大会史上初の韓国人覇者として歴史に名を残し、念願の日本初優勝をつかんだ忘れられない年となった。今季はまだ未勝利だが、「SMBCシンガポールオープン」でも6位タイと調子は上々だ。ANAオープンでも観客を沸かせるショットに期待したい。

■’16年の主な戦績/日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップShishido Hills5位タイ、HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP5位、ゴルフ日本シリーズJTカップ優勝
■’17年の主な戦績/SMBCシンガポールオープン6位タイ

イメージ
片山 晋呉1973年1月31日生 身長171cm 体重70kg

2016年は「マイナビABCチャンピオンシップ」で大会史上最多の4勝目を挙げると同時に、史上6人目となる通算30勝を飾り、歴史に名を刻む年となった。首位と2打差の2位から出た最終日、4バーディ、ボギーなしの「68」で回り、ベテランの底力を見せつける。また8月にはリオ五輪にも日本代表として出場。多くの観客を沸かせてくれた。ANAオープンでもその美しいスイングでファンを魅了して欲しい。

■’16年の主な戦績/HONMA TOURWORLD CUP ATTROPHIA GOLF3位タイ、日本オープンゴルフ選手権5位、マイナビABCチャンピオンシップ優勝

イメージ
今平 周吾1992年10月2日生 身長165cm 体重60kg

シード選手として初めて挑んだ2016年は、上位に何度も食い込み、見事賞金ランク10位に輝く。「ミズノオープン」では2位タイでフィニッシュし、「全英オープン」出場権を獲得。23歳で挑戦した初メジャーは、経験値を高めるいい機会となった。今季もその好調さを維持。「関西オープンゴルフ選手権競技」で2位に6打差をつけついに完全優勝のツアー初Vを飾る。本大会でも優勝争いに食い込む活躍を期待したい。

■’16年の主な戦績/パナソニックオープン4位、~全英への道~ミズノオープン2位タイ、長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ3位タイ、ANAオープン4位、アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ4位タイ
■’17年の主な戦績/中日クラウンズ5位、日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯5位タイ、関西オープンゴルフ選手権競技優勝

イメージ
B.ケネディ1974年6月18日生 身長180cm 体重82kg

日本ツアーには2011年から参戦。6年目となる2016年は、3月に豪州ツアーの「NZPGA選手権」で優勝。日本ツアーでも10位以内に8度ランクインし、安定した成績を残した。「RIZAP KBCオーガスタ」では一時は単独首位に立つものの惜しくも2位タイ。今季は既に9位、2位、4位、5位と上位に何度も食い込み、好調さを見せている。本大会で勝利を飾れるか、見逃せない。

■’16年の主な戦績/ISPSハンダグローバルカップ3位タイ、日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯5位タイ、RIZAP KBCオーガスタ2位タイ、カシオワールドオープン4位タイ
■’17年の主な戦績/日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯2位、関西オープンゴルフ選手権競技4位タイ、日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills5位タイ

イメージ
M.ヘンドリー1979年10月15日生 身長186cm 体重95kg

日本ツアーには2013年から参戦し、2015年に「東建ホームメイトカップ」で日本初優勝を飾る。昨シーズンは未勝利ながらも予選落ちが4試合のみと激減。賞金ランクも12位に入り、自己最高を更新した安定感のある一年だった。今季もその好調さは続き、5月に行われた「ミズノオープン」で2位。念願だった全英オープンの切符を手にした。輪厚でもその実力を発揮して、優勝を狙って欲しい。

■’16年の主な戦績/~全英への道~ミズノオープン5位タイ、日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills2位、ISPSハンダグローバルカップ5位タイ、日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯4位、RIZAP KBCオーガスタ2位タイ
■’17年の主な戦績/~全英への道~ミズノオープン2位

イメージ
武藤 俊憲1978年3月10日生 身長173cm 体重76kg

2016年はシーズン中に2度のアルバトロスを達成するという快挙を挙げた記憶に残る1年となった。前年覇者として迎えた「ISPSハンダグローバルカップ」3日目、残り205ヤードを、5番アイアンで放った2打目がカップに吸い込まれた。さらに「日本プロ」でもピンまで255ヤードのセカンドショットを直接沈め、シーズン2度目のアルバトロスを決める。ANAオープンでもその素晴らしいショットでファンを魅了して欲しい。

■’16年の主な戦績/日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯2位、トップ杯東海クラシック4位タイ、ゴルフ日本シリーズJTカップ7位タイ
■’17年の主な戦績/中日クラウンズ6位タイ

※紹介の情報は、7月31日現在のものです。