ANA OPEN 2016 GOLF TOURNAMENT

出場予定選手プロフィール

※紹介の情報は、7月25日現在のものです。

イメージ

松村 道央1983年7月22日生 身長172cm 体重70kg

2015年は夏場まで調子が出なかったが、秋に入って上昇。4打差7位で最終日を迎えた「ブリヂストンオープン」では67をマークし、逆転で通算5勝目を上げた。また、パー5での2オン率では、並みいる飛ばし屋を押さえて1位に輝いた。今季は、「WGCブリヂストン招待」で5年ぶりの米国ツアーに参加。「ANAオープン」では、海外で得た経験を生かしたプレーが見られるかもしれない。

■'15年の主な戦績/ANAオープン5位、アジアパシフィック ダイヤモンドカップ4位、ブリヂストンオープン優勝、HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP3位

イメージ

I.J.ジャン1973年2月14日生 身長174cm 体重72kg

過去1勝、2位が2回と相性のよかった「中日クラウンズ」で4打差の快勝をはたした2015年。優勝はその一試合だったが、20位以内が14試合とシーズンを通じて安定したプレーを見せ、賞金ランクは自己最高の12位を記録した。「ANAオープン」では、ベテランらしい確実なショットを積み重ね、優勝争いに食い込む活躍を期待したい。

■'15年の主な戦績/中日クラウンズ優勝、三井住友VISA太平洋マスターズ4位タイ

イメージ

宋 永漢1991年7月12日生 身長179cm 体重71kg

2015年は「日本ゴルフツアー選手権」と「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で見事に2位を獲得。3位に入った「日本オープン」ではパーキープ率が出場選手最高の93%をマークするなど、堅実なプレーが持ち味。この年の最優秀新人賞を獲得。今季は、「SMBCシンガポールオープン」で念願の初優勝、「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」で3位入賞。本大会では、その流れに乗って勝利を飾れるか見逃せない。

■'15年の主な戦績/日本ゴルフツアー選手権森ビルカップShishido Hills2位タイ、ダンロップ・スリクソン福島オープン2位、日本オープン3位
■'16年の主な戦績/SMBCシンガポールオープン優勝、日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯3位

イメージ

金 亨成1980年5月12日生 身長180cm 体重70kg

2015年は序盤に右手の骨にヒビが入るアクシデントがありながらも、「東海クラシック」では2打差の6位から最終日インで31のチャージをかけ首位 に追いつき、プレーオフで片山晋呉を撃破。4年連続で勝利を挙げた。今季は、昨年不調だった「東建ホームメイトカップ」で6位タイ、「中日クラウンズ」で5位タイに入るなど、着実に成績を残している。

■'15年の主な戦績/日本プロゴルフ選手権4位タイ、ISPSハンダグローバルカップ3位、長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーオープン3位タイ、トップ杯東海クラシック優勝
■'16年の主な戦績/東建ホームメイトカップ6位タイ、中日クラウンズ5位タイ

イメージ

A.ブランド1982年8月26日生 身長185cm 体重95kg

日本ツアー参戦2年目の2015年、「日本プロゴルフ選手権」で大仕事を成し遂げた。2日目に首位に立ち、3日目は2位と6打差の独走態勢に。最終日の成績は72だが、余裕で逃げ切り日本での初優勝を飾った。今季は「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップShishido Hills」3位タイと好調。オーストラリア出身のレフティが「ANAオープン」で、どんなプレーを見せてくれるのか期待が高まる。

■'15年の主な戦績/日本プロゴルフ選手権優勝、ブリヂストンオープン2位タイ
■'16年の主な戦績/日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップShishido Hills3位タイ