出場予定選手プロフィール

イメージ
宮本 勝昌1972年8月28日生 身長174cm 体重76kg

2016年は史上9人目の生涯獲得賞金10億円突破の偉業を達成し、さらには「ISPSハンダグローバルカップ」で自身2度目のアルバトロスを決める快挙を成し遂げた。残りピンまで192ヤードの2打目は、ピン手前に1バウンドして直接カップイン。ツアー史上5人目のアルバトロス2回達成で大会を盛り上げた。2017年は「パナソニックオープン」で2位。「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でも優勝を飾り、調子は上々だ。

■’16年の主な戦績/日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯5位タイ、RIZAP KBCオーガスタ5位タイ、アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ4位タイ、三井住友VISA太平洋マスターズ6位タイ
■’17年の主な戦績/パナソニックオープン2位、ダンロップ・スリクソン福島オープン優勝

イメージ
藤本 佳則1989年10月25日生 身長165cm 体重68kg

2012年にプロデビューし、2016年まで5年連続で賞金ランク15位以内という抜群の安定感を持つ。昨年は10位以内に7回食い込み、2017年も開幕から調子は上々だ。4月の「東建ホームメイトカップ」では序盤に猛チャージを見せ、一時は単独首位に立つも2打差の2位。「中日クラウンズ」でも1打差2位タイでフィニッシュし、3週連続のトップ10入りを果たした。本大会でもギャラリーを魅了するプレーを見せて欲しい。

■’16年の主な戦績/長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ5位タイ、RIZAP KBCオーガスタ5位タイ
■’17年の主な戦績/東建ホームメイトカップ2位、中日クラウンズ2位タイ、日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップShishido Hills5位タイ

イメージ
高山 忠洋1978年2月12日生 身長176cm 体重83kg

安定感のあるプレーに定評があり、ここ3年間の通算予選通過率は約9割。2016年は復活の兆しが見えたシーズンだった。雨によるプレー中断もあった「RIZAP KBCオーガスタ」では2位タイ。翌週の「フジサンケイクラシック」でも難コースの中、大会自己ベストの2位タイと、2週連続で優勝争いに絡む。シーズン後半の「カシオワールドオープン」でも3位に食い込んだ。ANAオープンでの優勝に期待がかかる。

■’16年の主な戦績/中日クラウンズ5位タイ、RIZAP KBCオーガスタ2位タイ、フジサンケイクラシック2位タイ、カシオワールドオープン3位

※紹介の情報は、7月31日現在のものです。