道東・中標津エリアへ-2017-2018 冬春号- 自然

マップ
野付半島ネイチャーセンター「トドワラ・氷平線ウォークツアー」
ここでしか撮れない一枚を NATURE 01

野付半島ネイチャーセンター
「トドワラ・氷平線ウォークツアー」

トドマツの枯れ木が並ぶ荒涼な風景「トドワラ」を、スノーシューを履いて目指すツアー。結氷した海の上から眺める“氷平線“はまさに絶景で、遠近法を利用した雪原のトリック写真も工夫次第でいろいろ撮影できる。また、野付半島は野生動物の楽園でもあり、雪原を駆け抜けるエゾシカの群れやキタキツネなどに出合えることもたびたび。SNS映えする一枚を撮れるはず。

野付半島ネイチャーセンター「トドワラ・氷平線ウォークツアー」イメージ画像

■所在地:野付郡別海町野付63
■TEL:0153-82-1270
■期間:1月中旬〜3月上旬頃(結氷状態により変動)
※所要時間約2時間、最少催行人数2名~(1名の場合は料金が1.5倍)
■料金:大人3,500円、小学生1,750円(各税込)
※スノーシューレンタル代含む
※5日前までに要予約
■URL:http://notsuke.jp
■根室中標津空港から車で約40分/39km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
羅臼「流氷&バードウォッチングクルーズ」
ここでしか撮れない一枚を NATURE 02

羅臼「流氷&バードウォッチングクルーズ」

この時期に羅臼にやってくるオオワシやオジロワシをカメラにおさめようと、世界中からバードウォッチャーが集まる冬の羅臼。1月下旬頃から運航する流氷クルージングでは、高い確率でオオワシやオジロワシに遭遇できるほか、シャチ等の外敵から身を守るために流氷に上がるゴマフアザラシのかわいい姿が見られることも。厳しい羅臼の冬を体感しながら、ダイナミックな一枚を狙いたい。

羅臼「流氷&バードウォッチングクルーズ」イメージ画像

知床ネイチャークルーズ「流氷&バードウォッチング」
■所在地:目梨郡羅臼町本町27-1
■TEL:0153-87-4001
■期間:冬期「流氷&バードウォッチングA・B」1月下旬〜3月中旬
※最少催行人数5名〜
■料金:
【A】約1時間・大人4,000円、3歳〜小学性2,000円(各税込)
【B】約2.5時間・大人8,000円〜、3歳〜小学性4,000円(各税込)
※前日までに要予約
■URL:http://www.e-shiretoko.com
■根室中標津空港から車で約75分/66km

地図を見る

ゴジラ岩観光「ラウス流氷クルージング」
■所在地:目梨郡羅臼町本町30-2
■TEL:0153-85-7575
■期間: 2月下旬〜3月中旬
※最少催行人数5名〜
■料金:
【観光コース】約1時間〜1時間30分・大人4,000円、小学性2,000円、小学性未満無料(各税込)
【写真撮影コース】約2.5時間・大人10,000円、小学性5,000円、小学性未満無料(各税込)
■URL:http://kamuiwakka.jp
■根室中標津空港から車で約75分/66km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
開陽台展望館「夜の星空観察」
ここでしか撮れない一枚を NATURE 03

開陽台展望館
「夜の星空観察」

中標津町市街から車で約15分。標高270mの丘から、330度の大パノラマの地平線を眺められると、多くの観光客が訪れる人気スポット。雄大な自然が広がる昼の絶景はもちろん、実は夜の開陽台が穴場。邪魔するものがなにもない大自然に抱かれたこの地には、まるで大粒の星が降り注ぐ宇宙にいるような気分に。冬の澄み切った夜空に輝く天の川など、息を飲むほど美しい星空を眺めに足を運んでみては。

開陽台展望館「夜の星空観察」イメージ画像

■所在地:標津郡中標津町字俣落2256−17
■TEL:0153-73-9733(なかしべつ観光協会)
■料金:入場無料
■URL:https://www.nakashibetsu.jp/kankou/kankou_jouhou/kaiyoudai
■根室中標津空港から車で約15分/11km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
シマエナガに会いに行く「バードウォッチングツアー」画像
ここでしか撮れない一枚を NATURE 04

シマエナガに合いに行く
「バードウォッチングツアー」

愛らしい表情が人気の小鳥・シマエナガは、北海道にのみ生息する野鳥。参加者の見たい野鳥に合わせたツアーを案内している根室ネイチャーセンターでは、初心者向けのシマエナガ観察ツアーもガイド可能で、ハイド(観察小屋)のある「根室市市民の森」などを巡る。「冬は葉がないので、枝にとまったシマエナガを見つけやすいんですよ。遭遇率は30%くらいでしょうか。」と代表の澤尾さん。様々なレクチャーも受けられるので、バードウォッチングデビューにもおすすめ。

シマエナガに会いに行く「バードウォッチングツアー」イメージ画像

■所在地:根室市川口10-1
■TEL:0153-26-2550
■期間・時間:季節問わず予約に応じて対応
※所要時間約4時間
■料金:6,500円、小学4年生以下3,250円(各税込)※事前払いのみ
1名の場合9,750円 ※1週間前までに要予約
■URL:http://canoecraft.net/naturecenter/
■根室中標津空港から車で約70分/61km

地図を見る
マップ
ポー川史跡自然公園「スノーシューツアー」画像
ここでしか撮れない一枚を NATURE 05

ポー川史跡自然公園
「スノーシューツアー」

縄文人が丸木舟で往来していたポー川が流れる、国指定天然記念物「標津湿原」が広がる自然公園。この「スノーシューツアー」では、総面積約630haの広大な公園内をスノーシューを履き、ガイドによるレクチャーを受けながら、竪穴住居など遺跡周辺を巡ることができる。ゴール地点である、冬も凍らない神秘的な湧き水を目指して、先人たちが歩いた道のりを体感してみて。

ポー川史跡自然公園「スノーシューツアー」イメージ画像

■所在地:標津郡標津町字伊茶仁2784
■TEL:0153-82-3674
■期間・時間:12月下旬〜3月下旬
※スタート時間は応相談、所要時間約3時間、最大催行人数〜20名
■料金:4,000円(税込)※スノーシューレンタル代含む
※前日までに要予約
■URL:https://www.shibetsutown.jp/pogawa/
■根室中標津空港から車で約25分/24km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
道の駅おだいとう「四角い太陽」画像
ここでしか撮れない一枚を NATURE 06

道の駅おだいとう
「四角い太陽」

野付半島や尾岱沼(おだいとう)で、冬期など気温と海水の温度差が大きいときにしか見ることができない、蜃気楼現象による変形太陽。光が屈折することで太陽が楕円形や台形に変形し、条件が揃うと美しい四角い太陽を眺めることができる。「道の駅おだいとう」など高台から観察するのがオススメ。太陽が地平線から昇るほんの数分の希少な現象を、ぜひ写真におさめてみては。

道の駅おだいとう「四角い太陽」イメージ画像

■所在地:野付郡別海町尾岱沼5-27
■TEL:0153-75-2111(別海町観光協会)
■URL:http://betsukai-kanko.jp
■根室中標津空港から車で約40分/34km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
知床らうすリンク「知床トドウォッチング~steller sea lion watching~」画像
ここでしか撮れない一枚を NATURE 07

知床らうすリンクル
「知床トドウォッチング~steller sea lion watching~

流氷とともに多くの野生動物がやってくる冬の羅臼。この時期だけ現れる数十頭ものトドの群れもその一つで、海釣りの船頭が率いる小さな漁船で行うウォッチングツアーでは、トドの吐く息を感じられるほど間近まで近づくことができ、迫力ある姿に圧倒されること間違いなし。12月下旬から1月頃には海一面が氷で埋め尽くされる壮大なパノラマと、野生動物が織りなす圧巻の景色が撮影できるはず。

知床らうすリンク「知床トドウォッチング~steller sea lion watching~」イメージ画像

■会場:麻布漁港(目梨郡羅臼町麻布町)発着
■TEL:090-1526-2771(船頭・野田克也)
■期間・時間:12月25日〜29日9:30〜10:30/1月5日〜31日6:30〜7:30
※所要時間約1時間、最少催行人数2名〜
■料金:大人5,000円、子ども(11歳以下)2,500円、幼児無料(各税込)※前日18時までに要予約
■URL:http://www.shiretoko-rausu-lincle.com
■根室中標津空港から車で約55分/55km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
丸山公園「フロストフラワー」画像
ここでしか撮れない一枚を NATURE 08

丸山公園
「フロストフラワー」

町民の憩いの場・中標津町の丸山公園の園内に流れる川で2017年1月、幻想的な「フロストフラワー」が出現した。「フロストフラワー」とは、水面から蒸発した水蒸気が凍って次々と結びつき、美しい花のような結晶となる、自然が作り出した“霜の花”。気温-15度以下、無風、厚くない氷、氷面の積雪ゼロなどいくつもの自然条件が揃った場所と時期にしか見ることができないため、奇跡の花とも呼ばれている。もし見ることができれば自慢できること間違いなし!

丸山公園「フロストフラワー」イメージ画像

■所在地:標津郡中標津町丸山2丁目15
■TEL:0153-73-9733(なかしべつ観光協会)
■URL:http://kaiyoudai.jp/wp/
■根室中標津空港から車で約5分/3km

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

地図を見る
マップ
湯宿だいいち「シマフクロウ」画像
ここでしか撮れない一枚を NATURE 09

湯宿だいいち
「シマフクロウ」

北海道の道東地域を中心に生息する国の天然記念物・シマフクロウに出合えると、人気を集めている温泉宿。年中通して中庭に飛来する野生のシマフクロウは、翼を広げると150cm以上もあり、その動きは迫力満点。野生の鳥なので、飛来する時間はわからないものの、かなりの確率で遭遇でき、ガラス越しにかなり近くで観察できる。地元の食材をふんだんに使った食事と、源泉掛け流しの温泉も評判。

湯宿だいいち「シマフクロウ」イメージ画像

■所在地:標津郡中標津町養老牛518
■TEL:0153-78-2131
■料金:1泊2食14,190円〜(2名1室利用の場合の1名料金)
■URL:http://www.yoroushi.jp/
■根室中標津空港から車で約30分/25km

地図を見る
野付半島ネイチャーセンター「トドワラ・氷平線ウォークツアー」 羅臼「流氷&バードウォッチングクルーズ」 開陽台展望館「夜の星空観察」 シマエナガに会いに行く「バードウォッチングツアー」 ポー川史跡自然公園「スノーシューツアー」 道の駅おだいとう「四角い太陽」 知床らうすリンク「知床トドウォッチング~steller sea lion watching~」 丸山公園「フロストフラワー」 湯宿だいいち「シマフクロウ」