沖縄旅行を満喫!おすすめモデルコース

Okinawa trip begins!

ヘルシーグルメにショッピング、絶景に世界遺産まで、上質なコンテンツをコンプリート!秋~冬の沖縄を舞台にした「女性のための、ちょっと贅沢な充実ドライブトリップ」をご提案します。食事は島の食材等にこだわるヘルシーなものが中心で、各種雑貨や家具、やちむん(焼き物)など、女性の大好物スポットをチェックします。また世界遺産のパワースポットや温泉などもめぐります。

1日目 START

  • らくロビキッチン

    楽ロビkitchen -那覇-

    • 沖縄県那覇市真嘉比1-29-16 ブランシュール真嘉比2F
    • 電/080-8353-9855
    • 休/木曜
    • P/7台
    • 座席/30席
    • 営/朝食8:00~10:00(LO)、ランチ11:00~14:30(LO)、カフェ14:30~17:00(16:00LO)
    楽ロビkitchen 画像01

    那覇市北部、首里エリアにほど近い振興開発地区の真嘉比に、2015年10月にオープン。広々とした店内にはお座敷席も。専用駐車場の存在もレンタカーの観光客には嬉しいポイント!

    オーガニックな朝ごはんでヘルシーな一日を

    近年県内で増えつつあるヘルシー嗜好のお店。中でも那覇市内で朝からオーガニックなお食事をいただけるのが「楽ロビkitchen」です。その名の通り、日々のライフに“マクロビオティック(玄米菜食)を、気軽に・楽しく・おしゃれに“取り入れる”がコンセプト。肉、魚、卵、乳製品などの動物性食品(一部、調味料の魚介エキスを除く)、また化学調味料や添加物も一切使用していません。野菜はできる限り地産地消にこだわり、無農薬・無肥料の自然栽培ものを厳選。さらに、陰陽調和や重ね煮などの調理法も取り入れるなど、独自のメニュー展開に定評があります。

    楽ロビkitchen 画像02

    朝食の定番「モーニング和セット」500円(税込)。おにぎりは、滋賀県産、無農薬・あいがも農法による玄米を使用。水を使わず野菜(しいたけ、たまねぎ、にんじん)と塩だけで作る「重ね煮」による味噌汁は、体の芯から徐々に温まり、何だか体が目覚めていくような感覚♪

    楽ロビkitchen 画像03

    店主は、ちょっとはにかんだ笑顔が印象的な“まーくん”こと、駒井正喜(こまいまさき)さん

    車20分
  • みなとがわステイツサイドタウン

    港川ステイツサイドタウン -南部西海岸-

    • 沖縄県浦添市港川2-15-8(PORTRIVER MARKET)
    港川ステイツサイドタウン 画像01

    街を歩いていると、まるでアメリカの、とある街角に迷い込んだような錯覚に陥ること間違いなし

    旧外国人住宅のオシャレタウンでお買い物

    アメリカンカルチャーが色濃い沖縄には、外人住宅街が各地に点在しています。中でも、那覇市のお隣・浦添市港川地区の一角、通称「港川ステイツサイドタウン」はその筆頭。カフェやスイーツ店、雑貨屋等、オシャレでかわいいお店が集中! 地元女性はもちろん、国内外の観光客からも広く支持される人気のエリアです。例えば、雑貨ショップのイチオシは「PORTRIVER MARKET(ポートリバーマーケット、電話098-911-8931)」。沖縄のやちむん(焼き物)や特産品、生活雑貨、服飾小物等、沖縄ならではのアイテムをラインナップ。ひと味違ったお土産がきっと見つかりますよ♪

    港川ステイツサイドタウン 画像02

    典型的な旧外人住宅の「PORTRIVER MARKET」

    港川ステイツサイドタウン 画像03

    「PORTRIVER MARKET」のオーナーは、東京の某有名セレクトショップの元スタッフご夫婦。その目利きっぷりが存分に発揮された品揃え

    車15分
  • はなきなぁ~

    はなきなぁ~ -南部西海岸-

    • 沖縄県宜野湾市喜友名1039
    • 電/098-893-8797
    • 休/46席
    • P/20台
    • 営/11:00~21:00(LO20:30)、水曜~15:30(LO15:00)
    はなきなぁ~ 画像01

    店舗は宜野湾市の高台という好ロケーション。西海岸向けの大きな窓からは、夕陽や夜景も楽しめる

    味も眺めもどちらも美味しい絶景沖縄そば屋

    沖縄でランチと言えば、やはり沖縄そばが定番です。西海岸を見下ろす高台に位置する「はなきなぁ~」は、味に加えて絶景ロケーションも自慢♪主役の沖縄そばは、アグー(琉球在来種のブランド豚)とカツオのだしが染み入るコクのあるスープと、喉ごしの良い特注中太ちぢれ麺が特徴です。また、紅ショウガ、フーチバー(ヨモギ)やカツオ節などのトッピングに、コーヒー、紅茶、さんぴん茶(ジャスミン茶)など、ドリンクが無料な点も◎。清潔感&開放感あふれる店内は、広々としたレイアウトに加え、座敷席もスタンバイ。女性に支持される理由、納得です。

    はなきなぁ~ 画像02

    一番人気の「あぶりとろソーキそば」690円(税込)。外はパリっと香ばしく、中はトロットロの柔らかさが食欲をそそる

    車5分
  • ぎのわんおおやまファニチャーストリート

    宜野湾大山ファニチャーストリート -南部西海岸-

    • 沖縄県宜野湾市真志喜1-1-1(CHICAGO ANTIQUES on ROUTE58)
    宜野湾大山ファニチャーストリート 画像01

    沖縄の基幹道路国道58号の大山周辺の風景。英文による大小さまざまな看板が至る所に見受けられる

    アメリカンテイスト溢れるショッピングエリア

    宜野湾市大山周辺を走る、国道58号線の両サイド。約1.5kmに渡り、アメリカンテイストのショップが数多に連なります。中古ファニチャーや雑貨に古着。リーズナブルなリサイクルショップから、お値打ちアンティークに高級ビンテージまで、様々なアイテムが大集結!裏通りや枝道も含めれば、優に30店舗以上が営業しており、眺めるだけでも楽しめます。例えば、大型店舗「CHICAGO ANTIQUES on ROUTE58(シカゴアンティークスオンルート58)、電話098-898-8100」では、家具・雑貨・古着などバリエーションも豊富!立ち寄る価値、大です♪

    宜野湾大山ファニチャーストリート 画像02

    1986年創業の老舗「CHICAGO ANTIQUES on ROUTE58」は、常時一万点以上の品揃え

    宜野湾大山ファニチャーストリート 画像03

    「CHICAGO ANTIQUES on ROUTE58」では、全商品オーナー自らアメリカから直接仕入れ。1Fには雑貨・小物を中心に、2Fには家具を中心にディスプレイ

    車30分
  • しまやさいしょくどう てぃーあんだ

    島やさい食堂 てぃーあんだ -中部西海岸-

    • 沖縄県読谷村都屋448-1
    • 電/098-956-0250
    • 休/木曜
    • P/あり
    • 座席/28席
    • 営/11:00~16:00、18:00~21:00(夜は金・土・日曜のみ)
    島やさい食堂 てぃーあんだ 画像01

    都屋漁港の目の前、沖縄の一般的な民家をリノベート。緑に囲まれた静寂な環境も人気

    愛情と栄養がいっぱいの沖縄家庭料理

    店名の「てぃーあんだ」とは、沖縄の言葉で、“手の脂”。料理の際に手間ひまをかける、手塩にかけるという意味で、その店名の通り、愛情と栄養がいっぱいの沖縄家庭料理を味わえます。料理は、県産野菜をメインに、無農薬・無肥料のオーガニック素材にこだわりつつ、加工品や化学調味料も一切不使用という徹底ぶり。一つ一つ丁寧に作られた定食中心のメニューは、多彩な主菜・副菜の数々に驚かされます。ランチタイムは混み合いますが、夜は週末のみ、予約制で営業。ワンランク上の時間と味を堪能しましょう。

    島やさい食堂 てぃーあんだ 画像02

    夕食メニュー「黒檀御膳」3,500円(税別)。島野菜の前菜盛り合わせ、近海魚を作ったお造り、季節の島やさいの天ぷら、県産豚のラフテー、玄米ごはん、汁碗など。珈琲または紅茶も付く

    島やさい食堂 てぃーあんだ 画像03

    「常に娘に食べさせられる安心・安全なお食事。そして私自身が食べたい!と思う美味しい料理が基本です」と、女将の伊波さん

  • よみたんやちむんのさと

    読谷やちむんの里 -中部西海岸-

    • 沖縄県読谷村座喜味2653-1
    • 電/098-958-6494(読谷村観光協会)
    • 休/各工房により異なる
    • P/あり
    • 営/各工房により異なる
    読谷やちむんの里 画像01

    赤瓦が印象的な登り窯は全長およそ25m。重厚な存在感に驚嘆! 現在も年に数回窯焚きが行われている

    14の焼き物工房が集う沖縄陶芸の聖地

    緑に囲まれた静かなエリアに、14のやちむん(焼き物)工房が集う「読谷やちむんの里」。1972年に、人間国宝の故・金城次郎が、那覇市壷屋からこの地に窯を移したことをきっかけに構想が生まれました。その後、1980年に4名の陶工が築いた9連房の登り窯を中心に発展。現在は、古典から現代風まで様々な作風と出逢えます。例えば、入口駐車場からほど近い、「ギャラリーうつわ家(常秀工房)」は、伝統的でありながらもポップな風合いが多くの女性ファンを引きつけます。他にも、ガラス工房や、やちむんカフェもあり、充実した時間を過ごせることうけあいです。

    読谷やちむんの里 画像02

    駐車場からほど近い、「ギャラリーうつわ家(常秀工房)」は、陶芸家・島袋 常秀(しまぶくろ つねひで)氏の工房兼直売所

    車30分

2日目 START

  • ひなたカフェ

    hinata cafe -中部東海岸-

    • 沖縄県うるま市田場274-1
    • 電/098-989-3896
    • 休/火曜、第1・3水曜
    • P/6台
    • 座席/22席
    • 営/11:30~19:00
    ひなたカフェ 画像01

    長閑なうるま市の高台に位置する橙色のかわいらしい店舗

    コンセプトは「体の内側から元気になる!」

    大きな窓越しに広がるさとうきび畑と、数100m先の太平洋。牧歌的情景の中にたたずむ「ヒナタカフェ」は、素材の地産地消を心がけたヘルシー料理に定評があります。シンプルな味付けで老若男女誰でもおいしくいただけるランチは、前菜5種とスープ、メインを一品選ぶビュッフェスタイル。また、手づくりケーキや本格コーヒーも充実しています。大小4つの空間で分けられた店内は全22席。明るく広々としており、リラックスタイムをお約束!ちょっとした雑貨販売の他、夜はワイン&おつまみプランも展開するなど、いつ行っても大満足間違いなしです。

    ひなたカフェ 画像02

    季節ごとの旬が嬉しいビュッフェランチの一番人気「ヘルシープレート」1,200円(税別)。玄米ご飯&メインの他に、手作りの各種野菜料理を好きなだけ♪ ただし人気メニューのため、14時には売り切れも…

    ひなたカフェ 画像03

    日替わりの手づくりケーキと本格焙煎コーヒーの「ランチケーキ」+250円〜(税別)も、食後の定番

    車30分
  • かいちゅうどうろ

    海中道路 -中部東海岸-

    • 沖縄県うるま市
    海中道路 画像01

    通行無料の海中道路。天気の良い日は、真紅のへんざ海中大橋と、青い空のコントラストが見事!

    エメラルドグリーンの海上を爽快ドライブ!

    沖縄本島東海岸、うるま市は与那城から平安座島に延びる全長およそ4.7km。片側2車線の海上に渡された「海中道路」は沖縄ドライブコースのド定番です。両サイドにパノラマで広がるオーシャンビューは、何度訪れても格別のワクワク&ドキドキ!シンボルである赤い斜張橋「へんざ海中大橋」を過ぎると、ロードパークが広がります。展望台の他、「海の駅 あやはしの館」も併設され、お食事やショッピングもOK!さらにその先は一本道で、宮城島、伊計島へと続く他、「浜比嘉大橋」でつながる浜比嘉島も見逃せません。

    海中道路 画像02

    ロードパークの上に延びる歩道橋から、海中道路を一望できる

    車15分
  • ぬちまーす かんこうせいえんファクトリー

    ぬちまーす 観光製塩ファクトリー -中部東海岸-

    • 沖縄県うるま市与那城宮城2768
    • 電/098-983-1140
    • 休/無休
    • P/40台
    • 営/9:00~17:30(製塩工場見学)
    ぬちまーす 観光製塩ファクトリー 画像01

    顔と全身マッサージ用のシルクソフトが手の甲で体験できる。水に濡れるとミネラル分が化学反応により、わずかながら発熱する

    ギネス登録のミネラル豊富な塩をあれこれ堪能

    「ぬちまーす」とは、“命の塩”という意味。目の前に広がる海から海水を汲み上げ、世界初となる独自の特許製法「常温瞬間空中結晶製塩法」で製塩します。そして生み出された海塩は塩分75%と21種類のミネラルを含む健康に良いおいしいお塩でギネスブックにも登録されました。その工場&観光施設である「ぬちまーす 観光製塩ファクトリー」は、塩ソフトクリームが楽しめるレストランや直営ショップも併設するお立ち寄りスポット。所要10分で20分ごとに実施される工場見学(10名以下は予約不要)をはじめ、マッサージ用シルクソルトを用いた、エステ体験が女性に人気。いずれも無料なのもうれしい限りです。

    ぬちまーす 観光製塩ファクトリー 画像02

    甘しょっぱい「塩ソフトクリーム」(500円税込)は、通年でいただける人気アイテム

    ぬちまーす 観光製塩ファクトリー 画像03

    ぬちうなーの前に突き出た、パワースポット「果報バンタ」は、写真撮影にぴったりの絶景スポット

    車45分
  • とうなんしょくぶつらくえん

    東南植物楽園 -中部中央部-

    • 沖縄県沖縄市知花2146
    • 電/098-939-2555
    • 休/無休
    • P/340台
    • 営/9:00~18:00(金曜、祝前日は~22:00)、最終入園は各1時間前
    東南植物楽園 画像01

    入場料は一般1,500円。植物園ゾーンの目玉は、日本一の「ユスラヤシ」並木。マイナスイオンに包まれ、心身が浄化される気分に…

    トロピカルな植物とヘルシーなビュッフェディナー

    「東南植物楽園」は、県内最大級の植物園。約4万5000坪の敷地に、熱帯・亜熱帯の植物が、1300種類以上生息しています。園内は、アジアンリゾートを彷彿とさせる「植物園ゾーン」と、3つの池が広がる「水上楽園ゾーン」の他、レストラン、ショップ&カフェなどで構成。南国ならではの季節の花々とも出逢えます。散策やツアーを楽しんだ後は、“癒し・健康”をテーマにしたビュッフェスタイルのレストラン「PEACE」でディナータイム。沖縄食材をふんだんに用いたヘルシーメニューを、存分に召し上がれ!

    東南植物楽園 画像02

    ガラス張りのテラスからは、熱帯・亜熱帯の植物を見渡せる抜群のロケーションが楽しめる

    東南植物楽園 画像03

    ディナーは2,800円〜で、自家製ハーブや近郊農家でとれた野菜で作った料理をオーダーバイキングで提供する

    車75分

3日目 START

  • せーふぁうたき

    斎場御嶽 -南部東海岸-

    • 沖縄県南城市知念字久手堅地内
    • 電/098-949-1899
    • 休/旧暦5月1日~3日、旧暦10月1日~3日の休息日は休館。2017年秋は11月18日~11月20日
    • P/約150台
    • 営/3月~10月:9:00~18:00、11月~2月:9:00~17:30、最終入館は各30分前
    斎場御嶽 画像01

    入場料は大人(高校生以上)300円。2つの琉球石灰石が自然に寄り添ってできた巨大な「三庫理」。奥の右側は「チョウノハナ」と呼ばれる拝所がある

    世界文化遺産に登録される琉球最高の聖地

    琉球開びゃくの神“アマミキヨ”が、国始めに創ったとされる「琉球開びゃく七御嶽」の一つがここ「斎場御嶽」。2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。“せーふぁ”とは、霊験あらたかな聖なる場所を意味しているとも言われ、琉球王朝時代には、国家的祭祀場として重要な役割を果たしました。拝殿などは無く、森全体が信仰の場となっているのが特徴です。神域はいくつかありますが、中でも、自然岩が作り出した「三庫理(さんぐーい)」は別格。荘厳かつ神秘的な迫力に心奪わるでしょう。その奥にある、林の向こうの海の彼方に浮かぶ“神の島”「久高島」も必見です。

    斎場御嶽 画像02

    聖地にふさわしい荘厳な静けさに包まれる。心を落ち着かせて、自然の声に耳を澄ませよう

    車10分
  • にらいばし・かないばし

    ニライ橋・カナイ橋 -南部東海岸-

    • 沖縄県南城市知念吉富
    ニライ橋・カナイ橋 画像01

    もちろん通行無料。アクセスは、下りとなる県道86号線からがオススメ

    沖縄を代表する大迫力のパノラマビュー!

    沖縄本島南部のドライブコース&絶景スポットと言えば、もちろん「ニライ橋・カナイ橋」!沖縄県道86号線(南風原知念線)の終点として、2002年に開通した2つの橋は、高低差約80m・全長約1.2km。最上部、トンネルの上にある展望台からは、遠大な太平洋、そして数100m先に浮かぶ久高島や津堅島が望めるなど、沖縄屈指の大パノラマが広がります。その圧倒的スペクタクル感は、まさに(沖縄の言葉で“海の彼方の楽土”を意味する)「ニライカナイ」そのもの! 車で下る際の、まるで空に飛び立つかの様な恍惚感は、他では決して味わえません!

    車35分
  • ソセアミ

    Sose a mi -那覇-

    • 沖縄県那覇市牧志2-19-2うるま住宅101
    • 電/098-868-3880
    • 休/不定休
    • P/なし
    • 座席/13席
    • 営/15:30~22:00(LO21:00)
    Sose a mi 画像01

    「本日のチーズ達3種盛り合わせ」(1,200円税込)。ワインや客の嗜好に合わせてオススメ3種をピックアップ

    ワイン&チーズでちょっと早めの上質ディナー

    那覇の隠れ家的名店と名高いワインバー。その魅力は、何といってもオーナシェフ・香田奈津子さんの腕前にあります。調理師×ワインソムリエ×チーズプロフェッショナルという“三足わらじ”の達人によるサーブは、いずれも一流です。旬の県産野菜をふんだんに用いたフランス家庭料理。イタリア&フランス産中心に厳選した150本以上のワイン。定番からレアものまで常時25種以上揃える各種チーズ。いずれも質・量ともに文句なし!客の9割がリピーターというのもうなずけます。帰りの飛行機を待つ間に、居心地抜群な空間で、ちょっと早めのワインディナーを満喫しましょう。

    Sose a mi 画像02

    「前菜ちょっとずつ盛り合わせ1~2人前」(1,000円税込)。女性の9割がオーダーする一番人気メニュー。季節の県産野菜を中心に4~5種の前菜を楽しめて、ボリュームもしっかり!

    Sose a mi 画像03

    ゆいレール「美栄橋」駅から徒歩約2分という空港を利用する観光客には嬉しい立地。「午後の光を楽しんで欲しい」と、15:30からオープンする理由も納得のたおやかな店内