News

アルザス・欧州日本学研究所(CEEJA)と
協力覚書を締結しました

更新日:2015年11月09日

ANA総合研究所とアルザス・欧州日本学研究所(CEEJA セジャ)は、日本とヨーロッパの更なる交流促進を目的に、多面的な連携強化を目指し、協力覚書を締結しました。

フランスの東部、アルザス地方はドイツに隣接し、地理的にも精神的にも「ヨーロッパの中心」と言われる要所です。アルフォンス・ドーデの「最後の授業」や、近年はワイン街道や上質なジャムで有名ですが、日本とは江戸時代末期から150年にわたる友好関係の歴史があります。ANAグループは、そのアルザスで日欧の経済協力や文化・学術交流を進めてきたCEEJAと友好関係を構築し、ヨーロッパの内面にアプローチします。

具体的には、ANAの知名度の低いヨーロッパにおいて、現地から見た日本への関心や渡航への不安・物流の実態等を受信(調査)すると共に、日本の地方の魅力を現地から口コミ発信することで人やモノの交流促進を図るため、CEEJAの「ビジネス・インキュベーター制度」等を活用した研究員の派遣や学生の相互交流等を進める予定です。

覚書締結にあたっては、ダナ駐日フランス大使から日仏関係の更なる発展への期待のお言葉を頂き、ANAHD片野坂社長からは「ANA総研がインキュベーターとして調査研究を進めるが、実現に向けては旅行部門や商社部門を含めANAグループの総力で実現したい」と抱負を伝えました。

  • 左からANA総研(長瀬社長)、ANAHD(片野坂社長)、アルザス オ・ラン県(ストロマン知事)、CEEJA(ベシュト副所長)。こうのとりはアルザスの街の象徴。

  • ティエリー・ダナ駐日フランス大使(中央右)から祝辞を頂いた。乾杯はビジネスクラスに搭載しているアルザスワイン「ヒューゲル・ジョンティ」。

  • アルザスにある「フランスで最も美しい村」に認定されているリクヴィル市からクラック市長も来日(右から2番目)。 既にCEEJAの協力で来年秋にもリクヴィル村で現地学生とも交流する「アルザスふれあいウオーク」がANA Salesで企画されている。

  • アルザス・コルマール市の伝統的な街並み。

>> 詳しくはANAの"イマ"をお届けするWhat's up ANAをご覧ください