News

日経MOOK「はじめようシェアリングビジネス」に
弊社の取り組みが掲載されました

更新日:2017年07月28日

最近話題の”シェアリングエコノミー(※1)”の完全ガイド、日経MOOK「はじめようシェアリングビジネス(※2)」が発売されました。

今回発売された本では、ANA総合研究所の地域活性化支援事業が“シェアビジネスを推進する航空会社による地域活性化”というタイトルのコラムで掲載されました。
他にも、ANAのクラウドファンディング「Wonder Fly」、「ANAのふるさと納税」が取り上げられています。

この本の監修をしている”一般社団法人シェアリングエコノミー協会(※3)”は、日本のシェアリングエコノミー業界における各シェアサービスの普及と業界の健全な発展を目的として設立されました。
ANAホールディングスも、ANAのビジネスにおいて”シェアリングエコノミー”が地域活性化や新たな社会動向の把握に不可欠な活動と捉え、賛助会員登録し様々な活動を進めています。

※1 個人や団体が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがあります。 総務省では、「ソーシャルメディアを活用した新たな経済」と定義され、広義の社会変化が期待されています。

※2 日経MOOK「はじめようシェアリングビジネス」について
http://www.nikkeibook.com/book_detail/18238/

※3 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
https://sharing-economy.jp/ja/