調査・研究事業research

ANA総研の強みは、『産官学や地域との人的&情報ネットワーク』を活用し、
時代の流れやイノベーションをとりこみ、中長期の課題解決に取組むことです。

研究員・人財紹介

航空産業や
航空機の未来を考える

将来の航空機に必要な技術開発
経産省・国交省 × 産官学ネットワーク × ANA総研

取組み

AI(人工知能)やBig Data、画像解析技術等の最新技術を航空の実ニーズに合わせて取り込んだ研究が進むよう、産官学連携した研究会等に参画。

期待

先端技術の実用化による安全性向上、運航コスト低減。

航空機産業の発展による地域活性化
地方自治体 × 産官学ネットワーク × ANA総研

取組み

沖縄県 MRO事業を核とした航空機産業クラスター調査。
福島県 航空教室や航空シンポジウムの実施、等。

ドローンを活用した社会基盤構築
天草市 × 東京大学 × ANA総研

取組み

地域活性化で協力関係のある天草市と、ドローンの第一人者である東京大学の鈴木・土屋研究室との3社協定を締結。
災害時のドローン活用や、防災ヘリ(有人機)とドローン(無人機)が災害現場で位置情報を共有する実験を実施。(日本初!2016年12月)

東京大学 鈴木教授、天草市 中村市長、ANA総研社長 岡田(上 ・右から)

地方空港の活性化

地方空港を中心とした地域活性化提言
地方自治体 × 産官学ネットワーク × ANA総研

取組み

空港を中心とする地域の活性化のあり方について、学識経験者や地元の有識者、自治体をメンバーとする研究会を立ち上げて議論、提言。

期待

交流・定住人口の拡大、より使いやすい航空・空港サービスの実現。

経験則の見える化、
科学的アプローチ

「おもてなし」の科学的理解に向けた共同研究
東京大学(人工物工学研究センター) × ANA総研

課題

おもてなしの源泉を「気付き」と仮定し、客室乗務員の接客をサービス工学の研究手法を用いて科学的に分析し、抽象的理解に留まっていた「おもてなし」の概念の見える化。

期待

さまざまな業種における、サービスフロントのおもてなしレベルの早期向上を目的とした教材の開発。

(C) 日経情報ストラテジー 2015年12月号

将来の航空人材の育成

航空教室による若年層へのアプローチ
地方自治体 × ANA Group × ANA総研

期待

小中学生に工学系への関心を高めるSTEM*教育。
*STEM→Science, Technology, Engineering, Mathematicsの頭文字語

全日本学生室内飛行ロボットコンテスト(協賛)
日本航空宇宙学会 × ANA整備センター × ANA総研

期待

こだわりの強い航空人材の育成支援。