地域活性化支援事業Invigorating local communities

地域活性化支援契約自治体・団体

会津若松市(福島県)

契約期間:2016年度~
プロジェクト型

会津地域の特産品で日本3大漆器にも挙げられている会津漆器を中心に、会津の地場産業振興と観光振興を行うことで会津地域のリブランド化を目指し以下に取り組んでいます。

(1) 会津塗を核とした地域のリブランド化

  • ①漆のブランド化推進に向けた研究
  • ②首都圏・海外に向けたPR活動と調査

(2) 外国人観光客誘客

  • ①観光周遊ルート開発
  • ②海外に向けた情報発信
  • ③受け入れ体制の整備
Message

会津若松市は福島県の西部、会津盆地の東南にあります。
福島空港から約80分、東京からは鉄道で約2時間30分で訪れることのできる魅力あふれる街です。
1300年の歴史をもち江戸時代には会津藩の湯治場として栄えた会津東山温泉や、室町時代より続く伝統工芸の会津漆器、猪苗代湖や磐梯山など豊かな自然の恵みによって造られる日本酒。そして、郷土の豊かな食材を使った食文化も目を見張るものがあります。
多くの歴史ある産品の発展は、ここ会津でなければ成しえなかったといっても過言ではありません。会津の方の気質を表す「会津に来たときはその閉鎖的な人間関係に泣き、なじんでくると人情の深さに泣き、去るときは会津人の人情が忘れ難く泣く」という会津の三泣きと呼ばれる言葉があります。
人情深く、規律を重んじ、誠の心が根付く会津の方々にぜひ会いに来ませんか。
やってはならぬ やらねばならぬ ならぬことはならぬものです。

What's up? ANA総研

過去実績 & TOPICS