地域活性化支援事業Invigorating local communities

地域活性化支援契約自治体・団体

白糠町(北海道)

契約期間:2008年度~
プロジェクト型

白糠町の観光振興、物産振興、白糠高校へのサポートに関する施策の提案や実施を目的として以下に取組んでいます。

  • (1) 魅力ある地域資源を有効活用した産業観光ツアーの実施を通して、魅力の発信と交流人口の増加を図る。
  • (2) 白糠町産の商品や生産物等の販売促進を図る。
  • (3) マナー講座を実施する。
Message

白糠町は釧路市に隣接した町です。ここには昔からアイヌの人々が暮らしており、地名や文化、風習等からアイヌの生活をうかがい知る事が出来ます。中でも太平洋を一望出来る浜辺が続く絶景の海岸は、アイヌ語で「コイトイ」と言い、「恋問」というロマンチックな名が付けられ「恋問海岸」と呼ばれています。ここには、「道の駅しらぬか恋問」があり、夕方には水平線に沈む夕日、夜は漁火を見ながら波の音が聞こえる人気スポットとなっていて、恋人同士や家族連れで賑わいます。
一方、白糠町は、沖合で寒流と暖流がぶつかる漁場を持ち、海の幸では極上の毛ガニ、柳ダコ、ししゃも等が水揚げされ、合わせて、冷涼な気候により、酪農では本格的なイタリアンチーズや上質なラム等が生み出される事から、正にA級グルメの町と言えます。又、全国ブランドのしそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」には白糠産のアカジソが使われています。
この様な魅力を持つ白糠町へは、既に札幌方面からの高速道路も開通しており、多くの人々に訪れて頂きたい町です。

What's up? ANA総研

過去実績 & TOPICS