地域活性化支援事業Invigorating local communities

地域活性化支援契約自治体・団体

山鹿市(熊本県)

契約期間:2016年度~
出張派遣型

平成30年開業予定の菊鹿ワイナリー内販売施設での地元農産品を素材とした商品開発、開発商品の情報発信・PRを目的として以下取り組んでいます。

  • (1) 特産品を素材とした加工品の開発業務(パティシエ人選・事例研究・調査)
  • (2) 開発商品の販売方法・販売先の検討
  • (3) 開発商品のPR方法・販売促進策の検討
  • (4) 開発商品を通じて市の魅力向上・新規集客発掘に関する検討
  • (5) 開発商品・市の情報発信に関すること
Message
担当研究員 服部 恭子

熊本県北部に位置し福岡県に隣接する山鹿市は、熊本空港から約50分、福岡空港から75分のところにあります。元々は豊前街道を中心に栄えた宿場町であり、歴史ある商家や風情ある街並みが色濃く残っています。
街道沿いにある伝統的芝居小屋「八千代座」は国の重要文化財に登録されており、今でも歌舞伎・各種芸能が催されています。また和紙だけで作られる「山鹿灯籠(とうろう)」は国指定伝統的工芸品の指定を受け、その灯籠を頭に掲げ優雅に舞い踊る夏の風物詩「山鹿灯籠踊り」は、見る人を幻想的な世界へと誘います。
また、市内には5つの温泉郷が点在しており、江戸時代から親しまれている「さくら湯」を始め、県下一の湧出量を誇る良質で肌触りがやわらかな温泉は、約60カ所の施設で楽しめます。
近年、菊鹿地区で栽培されるブドウを使い、多くの賞を獲得、好評を博している「菊鹿ワイン」や、菊池川流域の肥沃な土地で育った数多くの新鮮な農産物をいただけるのも、この地を訪れる楽しみの一つとなっています。

What's up? ANA総研