地域活性化支援事業Invigorating local communities

地域活性化支援契約自治体・団体

夕張市(北海道)

契約期間:2017年度~
地域駐在型

観光体制の一元化を図り、単に観光施策を目指すだけでなく、交流人口を増やす取り組みを加速して行くことを目的に主に以下のことを取り組んでいます。

  • (1) 観光の核となる組織体制づくり
  • (2) 観光促進のための戦略策定
  • (3) 観光誘客促進
  • (4) 地域における人材の育成
Message
夕張市 まちづくり
企画室(商工観光)
主幹
林 幹翁

2017年7月から、夕張市に赴任した林です。
急速な人口減少、少子高齢化、財政難という課題は我が国全体の課題であり、夕張はまさに課題先進地です。国内唯一の財政再生団体となり、市民生活の負担は増し、地域の活力も失いかけましたが、そのような中でも市民と市役所が一丸となって課題解決に立ち向かい、財政再生計画の抜本的な見直しという大きな成果に結びつきました。
破綻から10年、止まっていた地域再生という時計の針が動き始め、「RESTART(再出発)」することが可能となりました。夕張市にとってこの10年間は「観光」というキーワードは敬遠されてきましが、地方創生にかかる「新たな人の流れ・交流人口の創出」を図って行きます。
新千歳空港から車で約1時間という実は極めて近い距離に位置する夕張市。豊かな自然があり、産業発展の歴史・文化があり、地域ブランドがあります。リゾート地としても冬のスキーは正に穴場です。
是非、「未来に挑戦する夕張の今」を体験しに皆さまのお越しをお待ちしています。

What's up? ANA総研