第16‐087号
2016年11月30日

ANAの機内食を創造する「THE CONNOISSEURS」に新パートナーを迎えます


 ANAでは2013年9月に「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」※を立ち上げ、世界的に著名なシェフなどプロフェッショナルが日本発国際線の機内でのお食事やお飲みものをプロデュースしています。ANAの機内サービスのため特別にプロデュースされた上質でワンランク上のサービスは、国内外のお客様より大変ご好評いただいています。

 2016年12月からは、新たに和食1名、洋食1名のパートナーを迎え入れ、ザ・コノシュアーズメンバーは総勢22名となります。新メンバーはANAの海外発便機内食においてコラボレーションを行ってきたパートナーです。また12月からは、時期・路線限定だった「ピエール・エルメ・パリ」監修のデザートを通年で提供し、段階的に路線を拡大していきます。

 ANAは世界最高評価である「5スター」認定を4年連続で受賞した日本唯一のエアラインとして、常にお客様へ新しさと感動を提供することに挑戦し、機内でお過ごしいただく時間をより充実したものにしていきます。

※「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」とは
「その道を極めた目利き・匠」をあらわす言葉。著名シェフおよびお酒やコーヒーのプロフェッショナルに加え、ANAシェフチームで構成されるメンバーにより、ANA国際線(日本発)、国内線プレミアムクラス(一部)のお食事・お飲み物をプロデュースしています。

2016年12月からの新コノシュアーズメンバー

菊地 剛氏 (株)うかい 「東京 芝 とうふ屋うかい」料理長 兼 和食事業部 統括料理長

2016年12月~2月 日本発欧米路線 ビジネスクラス 和食メニューをプロデュース
国内の日本料理店での修業を経て、2002年「とうふ屋うかい大和田店」料理長、2016年に「東京 芝 とうふ屋うかい」料理長と和食事業部統括料理長に就任。日々料理長として腕を振るう傍ら、和食の素晴らしさを世界に広めるべく、海外関連事業にも積極的に取り組んでいる。

<とうふ屋うかい>
江戸情緒を感じる粋な個室やお座敷で、四季の彩り豊かな日本庭園を眺めながら、こだわりの自家製豆腐と季節の味覚を楽しめるとうふ料理店。江戸をテーマに、喧騒を忘れ心から和み寛げる空間。

<12月~2月のメニュー>
ほっくりとした百合根としゃきっとした歯ごたえの舞茸の2つの食感をお楽しみいただける「百合根と舞茸の飛(がん)龍頭(もどき)~ずわい蟹の餡かけ~」や、豆乳で仕上げたお出汁とともにいただく名物「豆水とうふ」など、うかいで長年愛されるとうふ料理を提供します。

ジョアキム・スプリチャル氏 「PATINA」

2017年3月~5月 日本発欧米路線 ビジネスクラス 洋食メニューをプロデュース
南フランスの有名レストランでトップシェフとして名を馳せ、1981年米国に移住。1989年にスペシャリティーレストラン「PATINA」をオープン以降、グループの総料理長として西海岸を中心に陣頭指揮を執る。2002年、雑誌『Bon Appetit』誌上にて伝説的なシェフとして認められ、レストランオーナーオブザイヤーに選ばれる。「カリフォルニアクイジーンの王」としてアメリカ料理界を牽引する伝説的シェフ。

<PATINA>
全米で約50のスペシャリティーレストランを展開し、ハリウッドスターから政治家まで数多くのセレブリティーから熱い支持を得ているPATINA RESTURANT GROUP。「PATINA」は1989年にオープン、グループ最高峰のスペシャリティーレストランとして君臨するロサンゼルスのレストラン。

*食材の仕入れ状況などにより、メニュー内容は予告なく変更となることがあります。

別添:

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®