第17‐017号
2017年12月14日

ANAホールディングス取締役会長
Orient Aviation誌「パーソン・オブ・ザ・イヤー2017」賞を受賞


 Orient Aviation誌が運営する「パーソン・オブ・ザ・イヤー」において、ANAホールディングス取締役会長の伊東信一郎が2017年の受賞者として選ばれ、昨日発行の12月号にて発表されました。

 Orient Aviation誌は1993年創刊、香港に本社を置き、アジア太平洋地域の航空事情をカバーする航空専門の月刊誌です。「パーソン・オブ・ザ・イヤー」賞は、その年に最も突出した成果や業績を残したエアラインの経営者を選出する表彰であり、伊東は、2011年に続き、二度目の受賞となります。過去にガルーダ・インドネシア航空のエマーシャ・サター氏、シンガポール航空のチュー・チューン・サング氏、エアアジアのトニー・フェルナンデス氏が受賞されています。Orient Aviation誌によると同賞を複数回受賞するのは、伊東がはじめてとのことです。

2009年にANAの社長に就任後、リーマンショック直後の厳しい状況を乗り越えるための改革をいち早く手がけたビジネス手腕と創造力により世界のリーディングエアラインとなる礎を築いてきた伊東のリーダーシップを評価され、今回の受賞に至りました。

 ANAグループは、これからも引き続き、お客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指してまいります。

【お問い合わせ先】

本リリースに関するお問合せ:
ANAホールディングス株式会社 グループ広報部(03-6735-1111)

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®