ANAグループの強み

ABOUT ANA GROUP

私たちのこれまでの歴史を振り返ったときのキーワードは「常に挑戦者」。
純民間資本の航空会社としてスタートして以来、
新たな価値を生み出し続けることにより、その存在意義を果たしてきました。
ANA グループの DNA を、新しい世代へもしっかり受け継ぎ、
グローバル競争に打ち勝つために、これからも常に努力と挑戦を続けていきます。

品質

1996
ファーストクラスにフルフラットシートを導入
(本邦航空業界初)
2007
Air Transport World誌の「Airline of the Year」初受賞
2010
ビジネスクラスに全席通路側スタイル
「ANA BUSINESS STAGGERED」を導入(本邦航空業界初)
2014
ANA SKY WEBが「Webサイト価値ランキング」*1で2年連続1位
CAPA*2より「Asia Pacific Airline of the Year」を受賞

2017年SKYTRAX社より世界最高評価の「5スター」を5年連続で獲得。
安全第一に、価値ある時間と空間を創造してきました。

革新性

2004
国内線搭乗モデル
「SKiPサービス(旧スマートeサービス)」
をスタート(本邦航空業界初)
2009
沖縄貨物ハブネットワーク開始
2011
日本初LCC 「Peach Aviation(株)」に出資
LCC「バニラ・エア(株) (旧エアアジア・ジャパン(株))」を設立
2015
日本を代表する航空機整備の専門会社
「MRO Japan(株)」を共同設立

開発から参画したボーイング787型機を世界初導入し、国際線を中心に投入を加速。
努力と挑戦のDNAで、私たちならではの価値を生み出します。

規模

1999
世界最大規模の航空連合「スターアライアンス」への加盟によりネットワーク拡大
2003
旅客数10億人突破
2014
国際線羽田空港発着便数No.1
2015
ANAマイレージクラブカード 発行枚数2,800万枚達成

2016年には、ANA 国内線・国際線ともに本邦 No.1(売上高・座席キロ・旅客キロ・旅客数)となりました。
たくさんのお客様に支えられて積み上げてきた結晶です。

FactBookで詳細を確認する

グループ総合力

2006
「FTSE4Good」採用スタート
2008
運輸業界初「エコ・ファースト」企業に認定
2014
「なでしこ銘柄」に認定(本邦航空業界初)
「三井住友銀行サステナビリティ評価」で最上位のAAAを獲得
「ポジティブ・アクション」の宣言により女性の活躍を推進
2015
「ダイバーシティ&インクルージョン」を宣言
「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の
オフィシャルパートナーに決定

マルチブランド戦略の推進により、お客様に選ばれ続けるエアライングループを目指して、
社会と共に歩みながら、世界に羽ばたきます。