ANA's Way の実践

PRACTICE

ANA's Way の実践
― 価値創造の原動力 ―

ANAグループ行動指針「ANA's Way」は、
ANA グループ経営理念・経営ビジョンの達成に向け、
グループ全社員が持つべき心構えや、取るべき行動の礎となるものです。
一人ひとりの社員による日々の実践は、
ANAグループ全体のブランド力向上の源泉であり、
ANAグループが今、そして未来に向けて
「あんしん、あったか、あかるく元気!」な価値を創造する原動力となります。

安全

安全こそ経営の基盤、守り続けます。

Case 1「アサーション」と安全教育

「グローバル」「ビジネススキル」「他企業交流」などの集合研修を用意。グループ社員それぞれの興味や関心、習得したいスキルを考え、休暇を利用した自己成長への意欲を発揮できる場を提供しています。

お客様視点

常にお客様の視点に立って、最高の価値を生み出します。

Case 2情報共有によるサービス品質の向上

世界中の就航地で、客室乗務員が現地スタッフとのミーティングを重ね、各国・地域の文化やお客様のニーズへの理解を深め、約8,000名の客室乗務員間で情報共有しています。多様なニーズをサービス開発・改善に反映する仕組みを構築し、より良いサービスの提供に活かしています。

社会への責任

誠実かつ公正に、より良い社会に貢献します。

Case 3燃費効率の向上によるCO2排出量削減

航空機の運航におけるCO2排出量削減は、経営の重要課題です。運航乗務員・整備士・関連スタッフなどが一丸となり、安全運航を第一に、燃費効率の良い運航方式や燃料搭載量などを日々追求しています。

チームスピリット

多様性を活かし、真摯に議論し一致して行動します。

Case 4枠を超えた連携による収益の追求

世界中の就航地で、客室乗務員が現地スタッフとのミーティングを重ね、各国・地域の文化やお客様のニーズへの理解を深め、約8,000名の客室乗務員間で情報共有しています。多様なニーズをサービス開発・改善に反映する仕組みを構築し、より良いサービスの提供に活かしています。

努力と挑戦

グローバルな視野を持って、ひたむきに努力し枠を超えて挑戦します。

Case 5グローバルレベルでのDNAの伝承

国際線ネットワークの拡充に伴い、文化や環境の異なる様々な国の社員にも、ANA's Wayの理解と実践が求められています。世界各地で「ANA's Way アンバサダー」を任命し、セミナーやディスカッションの機会を通じて努力と挑戦のDNAを学び、共にANAグループの新しい歴史を創る人財を育成しています。

ANA グループ 安全教育センター

ANAグループ安全理念

安全は経営の基盤であり社会への責務である

私たちはお互いの理解と信頼のもと確かなしくみで安全を高めていきます

私たちは一人ひとりの責任ある誠実な行動により安全を追求します

詳細はこちら

ANA's Day 研修

創業以来の挑戦の歴史を学び、ANAグループのDNA を伝え続ける、歴史展示施設「ANA Discovery Center」。そこでは歴史を学ぶとともに、どのようなANAグループの未来を作りたいかを語り合う「ANA's Day」研修を開催しています。
2015年度からはこの研修を海外各地区において開催する「ANA's Way Ambassador Program」もスタート。2017年度末までにグループ全社員3万5千人の受講を目指しています。

ANA's Way AWARD

ANA's Way を実践したエピソードや事例を広く募集し、選考・表彰する「ANA's Way Awards」を設定。グループ全社で共有し、グループ経営理念・ビジョンの実現につなげています。

詳細はこちら