INTERVIEW

責任は重大。
だからこそ、感じる
大きなやりがい

ANAベースメンテナンステクニクス株式会社

新井 優紀(あらい ゆうき)/ 2015年入社

Q.学生時代の専攻を教えてください。

幼少期に戦闘機に憧れたのをきっかけに、機械いじりが趣味だったことも高じて航空業界に興味を持ち、大学では航空力学(航空宇宙工学)を専攻していました。

Q.面接で印象に残っている場面を教えてください。

面接では、入社以降も資格取得のためにコツコツ勉強することが必要であること、また”安全”という重大な責任を負って日々業務にあたることの覚悟を問われ、身が引き締まる思いがしたことを覚えています。
学生時代は整備に関する知識を専門的に勉強していたわけではありませんが、入社後にしっかりした教育や訓練があったこと、また同期の支えもあり入社してからの努力で充分にカバーすることが出来ました。

Q.現在の担当業務とやりがいを教えてください。

現在の業務は大型航空機のドック(格納庫内)整備、また地方や海外へダイバート(目的地外着陸)した際の緊急整備を担当しております。
エンジンなど大きな部品交換をする際、責任が重大な分苦労することも多々ありますが、自分自身の身に着けた知識や今までの経験により確実に整備を行うことができ、非常にやりがいを感じています。

Q.入社前と入社後でのギャップはありましたか?

入社する前はもっと体育会系のドライな世界を想像していましたが、先輩や上司はとても親身になって教えてくださいます。同期同士でも日々切磋琢磨し、今後は一等航空整備士の資格取得を目指して勉強に励んでいます。

Q.この会社ならではの魅力を教えてください。

私たちの会社は安全性を確保するための重整備(格納庫内整備)だけでなく、夜間のスポット(駐機場)における定時性の確保にもつながるような整備や、海外へ出張し現地で整備を行うなど、活躍の幅が広いのが魅力です。

Q.未来の新入社員の皆さんへメッセージをお願いします。

飛行機・機械が好きでダイナミックでワールドワイドな整備に興味がある方、私たちと一緒にANAグループの安全を守っていきましょう!

社員の声トップに戻る