INTERVIEW

ラウンジという場所で、
お客様の旅に
プラスαをお届けしたい

ANAスカイビルサービス株式会社

菊川 真央(きくがわ まお)/ 2016年入社

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

二機のヘリコプターから始まり、努力と挑戦を繰り返してきたANAグループの創業の歴史に惹かれ、以前から接客業に興味があったことから空港ラウンジでのサービスについて学びたいと思い志望しました。

Q.現在の担当業務を教えてください。

現在は羽田空港の国際線ラウンジでお客様の受付やフロア業務として接客を行っており、新入社員の教育やOJT(※)トレーナーも担当しております。
また特に外国籍のお客様の顧客満足度向上に力を入れており、主担当として改善提案や施策の立案も行っています。(※OJT=On the job training)

Q.この仕事のやりがいを教えてください。

ラウンジは、飛行機に搭乗する前にご利用頂くという特殊な場所柄、プラスαのサービスをするように心がけています。「飛行機に乗る」という緊張を和らげられるようなサービスを提供できることも、空港のラウンジで接客をする魅力であると考えています。
ご利用の頻度もご要望もさまざまなお客様がいらっしゃる中、それぞれのご要望を察知し先回り出来たとき、またお客様の痒いところに手が届くようなサービスが出来たときにはやりがいを感じます。
また日々の業務は班毎に行っている為、お客様の情報を共有し、連携しながら接客が出来たときにはチームワークを生かしている喜びを感じます。

Q.未来の新入社員の皆さんへメッセージをお願いします。

日々接客のスキルを磨くために努力をしていますが、後輩指導を行う中で自分自身も感化され、刺激を受けることが多くあります。
これから入社される皆さんも、素直な心で向上心と挑戦する気持ちを忘れずに仕事に取り組んでいただけたらと思います。
ANAの飛行機を利用される前にも、お客様の心に残る最高のサービスを提供できるよう一緒に頑張っていきましょう!

社員の声トップに戻る