INTERVIEW

お客様の手荷物と定時性。
双方を守るために
細心の注意を

ANAスカイビルサービス株式会社

玉川 隼祐(たまがわ しゅんすけ)/ 2015年入社

Q.学生時代の専攻を教えてください。

以前から機械に触れることが好きだったことや、初めて飛行機に乗った際に感動した経験が忘れられず、学生時代は航空専門学校で航空機整備を学んでいました。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

空港の裏側の広い敷地の中で、お客様の荷物を守り出発便の定時性にも貢献している現在の会社の存在を知り、自分もその一員になりたいと思ったことが志望したきっかけです。
実際に入社してみて「自分の預けた荷物が飛行機に運ばれ、到着地で手元に戻ってくる」という当たり前のことが、たくさんの人の努力によって保たれているということに驚きました。

Q.現在の担当業務を教えてください。

現在は出発前のお客様の手荷物をカウンターから機内まで運び、また到着後はお客様が受け取るまでのコンベア(手荷物搬送設備)の保守管理を担当しております。
荷物の形状によっては異常が発生しスムーズに運ばれないことがあり、機内への搬送が遅れると便の遅延に繋がります。また到着時も同様に搬出が遅れるとお客様にご迷惑をおかけすることになる為、細心の注意を払って業務にあたっています。

Q.現在の仕事のやりがいを教えてください。

日々チームで協力し便の遅延を生じさせないよう、飛行機の側で働くグランドハンドリングのスタッフとも連携し、タイムプレッシャーに追われながらも、チーム一丸となって一つの便を定刻通りに飛ばすことが出来たときには、非常にやりがいを感じます。

Q.未来の新入社員の皆さんへメッセージをお願いします。

当社は社員間のコミュニケーションが活発に取られていて、自分自身も業務時間内・時間外問わず楽しい社会人生活が送れていると思います。あかるく向上心を持った方に入社頂き、お互いに切磋琢磨してスキルを磨いていきたいです。みなさんの入社を楽しみにお待ちしております!

社員の声トップに戻る