INTERVIEW

限られた時間の中で
確実に、臨機応変に
次へ繋ぐこと

株式会社ANA Cargo

五十嵐 彩理(いがらし さり)/ 2016年入社

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

学生時代に留学した際に、様々な「モノ」を運ぶことで人の生活をより豊かにし、世の中に広く貢献が出来る物流業界に興味を持ったのがきっかけです。
現在の会社はコンビネーションキャリア(旅客機・貨物専用機の両方を保有している航空会社)として日本唯一の会社であり、沖縄ハブ(沖縄を中心とした貨物ネットワーク)を展開していることにも魅力を感じたため志望しました。

Q.面接で印象に残っている場面はありますか?

趣味であるフルマラソンの話や、大学生時代に中国語を学んだ話を深く聞いていただいたのが印象的でした。また面接官の方から「当社だけでなく他のANAグループ各社についても是非勉強してほしい」と言われ、グループとしての連帯感の強さを感じました。

Q.現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

輸入(到着貨物)担当として、税関や検疫の対応、羽田から他空港へ転送する貨物の対応を行っています。海外空港から到着した貨物を取り扱う立場のため、海外空港から受け取ったボールを確実にキャッチし、お客様へ引き渡したり転送先へ繋ぐことは、地道な作業の中でも臨機応変な対応が求められます。
限られた時間の中で出発空港とのやりとりを通じて的確に情報を収集し、スムーズに次に繋げられた時には大きな達成感を感じます。また海外空港や輸出担当、時には旅客部門との連携もあり、チームプレーとしての面白さも感じることができます。

Q.未来の新入社員の皆さんへメッセージをお願いします。

航空貨物の輸送はチームワークやより強い連係が求められ、常に相手のことを考え思いやりのある仕事をすることが大切だと考えています。
仕事でチームワークを感じたい方、”航空貨物輸送”という分野で積極的にチャレンジしてみたい方々をお待ちしています!

社員の声トップに戻る