INTERVIEW

空港地上支援業務の
全般に関われる環境。
向上心は尽きません

株式会社ANAエアサービス福島

齋藤 澪(さいとう みお)/ 2016年入社

Q.学生時代の専攻を教えてください。

学生時代は国際コミュニケーション学部でエアラインコースを専攻し、英語や観光について、また航空業界やメイクアップについて勉強しておりました。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

地元の群馬県には空港がなく、空港や飛行機は私にとって特別で憧れの存在でしたが、就職活動し航空業界についての理解を深める中で、より飛行機の側で働きたいという気持ちが強くなったのがこの仕事を志したきっかけです。

Q.面接で印象に残っている場面はありますか?

主に学生時代に熱中していた吹奏楽部での活動についてお話しましたが、面接官の方がとても関心をもって話を聞いてくださったのが印象的でした。
面接が終わった後は、やりきったという達成感と充実感でいっぱいになりました。

Q.現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

グランドハンドリング部門と貨物部門を担当しています。
具体的には、搭載責任者としてお客様の手荷物の仕分けやマーシャリング(飛行機の誘導)、また貨物の受託から搭載のポジションを決め、搬入するまでの一連の業務を担当しております。
福島空港は少人数でマルチに業務を行うことが求められ、空港地上支援業務全般に関わることができることにやりがいを感じています。
一人の責任が大きい分モチベーションの向上につながり、もっとスキルアップしたいという向上心も尽きることがありません。

Q.福島空港ならではの魅力を教えてください。

担当間の隔たりがなく、日々の業務でチームワークを感じられるところです。
あたたかく家族のような職場の雰囲気があるところも、県外から来た私にとってはとても心強く、頑張りの原動力となっています。

Q.どんな後輩に入社して欲しいですか?

自発的に行動を起こせる方、この仕事をやりたいという前向きな気持ちをもっている方には、先輩や上司も親身になって指導してくださると思います。
新入社員の時期はとても貴重で、会社の中でも大切な存在です。一緒に働ける日を楽しみにしています!

社員の声トップに戻る

JOIN OUR TEAM!