社員の声

Meet Our Employees

世界のリーディングエアライングループへ

ANA大阪空港株式会社

旅客サービス部 旅客サービス2課

高澤 千尋/ 2014年入社(3年目)

INTERVIEW 09

自分の接客によってお客様からの『ありがとう』の言葉を頂けるということ

小学生のころから飛行機に興味があり、英語も好きだったため航空業界を目指しました。幼い頃から旅行で飛行機に乗る機会が多く、客室乗務員やグランドスタッフの働く姿を見て憧れるようになりました。就職活動の面接では緊張で言葉につまる場面もありましたが、自分の想いを一生懸命話したことでこの会社で働きたいという熱意が伝わったのだと思います。
伊丹空港は中心地に位置していることもあり、ご旅行だけでなくビジネスで利用される方が多くいらっしゃいます。飛行機を降りられてからもその先の交通機関への乗継時間を意識するなど、伊丹空港ならではのやりがいがあります。
自分の接客によってお客様からの『ありがとう』の言葉を頂けたとき、また、Passenger Boarding Bridge(搭乗橋)を操作する出発の最終工程に携わり、無事お客様を送り出すことができた瞬間は最高に嬉しく、何にも代え難い達成感を感じます。私たちは何事にも一生懸命取り組むことができる方と一緒に働きたいと思います。お客様の笑顔を頂けた時の感動を一緒に感じてみませんか?

ANA関西空港株式会社

グランドハンドリング部 ランプサービス課

早坂 公佑/ 2009年入社(8年目)

INTERVIEW 10

大きな車両を運転しているスタッフの姿を見て感動したのがきっかけ

学生時代はグランドハンドリングに関する知識を学ぶための専門学校に通っておりました。航空業界に興味を持ったのは、高校生の修学旅行の際に初めてANAを利用し、飛行機の窓から見える大きな車両を運転しているスタッフの姿を見て感動したのがきっかけです。地元は仙台ですがもともと関西に興味があり、関西空港は当時唯一の24時間オープンしている空港だったことから、日中だけではない時間にも飛行機に関わることが出来ることに魅力を感じ、志望しました。面接では自分の取り柄である元気のよさと明るさをアピールし、熱い気持ち伝えることができたと思っています。
お客様の大切なお手荷物や貨物をお預かりし、現地に確実にお届けすること、また飛行機の出発や到着の時間が限られている中、安全にかつスピード感をもって業務を行い、定時に出発させることができた際にやりがいと達成感を感じます。
近年は女性社員も多数活躍している職種です。元気で明るい方、意欲的な方と一緒に働きたいと思います!

ANA中部空港株式会社

旅客サービス部 旅客サービス課

加藤 綾子/ 2015年入社(2年目)

INTERVIEW 11

一人一人のお客様と接する時間を大切にしています

学生時代はエアライン業界に力を入れている学校に通っていました。インターンシップで中部空港での仕事を体験した際、お身体の不自由な方のお手伝いをした時に、『あなた達のおかげで、遠くに住んでいる姉に会いに行くことができた。ありがとう。』というお言葉を頂いたことが心に響き、この仕事に就きたいと強く志望するきっかけになりました。
中部空港は便数や旅客数も中規模の為、一人一人のお客様と接する時間が多いのが魅力的で、自分の希望する職種と合っていると感じました。入社する前は華やかでスマートな印象がありましたが、実際はお客様に安全に飛行機にご搭乗頂くために走り回ったりなど、体力勝負な一面もあります。その中で一つの便の定時出発を目指して、先輩や後輩、同僚と奮闘している瞬間や、チームで働いている時がとても楽しく、非常にやりがいを感じます。
近年は更に外国籍のお客様も増えているため、英語力を生かして働きたい方、元気で体力のある方と一緒に働きたいと思います!

ANA成田エアポートサービス株式会社

グランドサービス部 1課

菅野 愛梨/ 2014年入社(3年目)

INTERVIEW 12

面接では、『グランドハンドリング』の仕事に就きたいという熱意や想いをまっすぐに

学生時代は専門学校で韓国語と英語を学んでいました。就職活動を始めた頃、大きな飛行機を誘導しているグランドハンドリングの仕事の様子を見て、『なんて格好良いんだろう!』と思ったのがこの仕事に興味を持ったきっかけです。
成田空港は国際線の便数も多く、外資系航空会社も多数乗り入れているので様々な機種のハンドリングができることが魅力です。面接では、『グランドハンドリング』の仕事に就きたいという熱意や想いをまっすぐ伝えることを意識しました。実際に働いてみると夏の暑さや冬の寒さの中働くことの大変さは想像以上でしたが、社内資格を取得していき、憧れていた仕事で自分ができることが一つずつ増えていくことにやりがいを感じています。
専門的な知識がなくとも、入社してから一生懸命勉強し、仲間同士で助け合っていくことで成長できる職場です。航空業界の舞台裏で働いてみたい方、飛行機の側で働いてみたい方々をお待ちしております!

ANA新千歳空港株式会社

旅客サービス部 2課

中野 実以子/ 2014年入社(3年目)

INTERVIEW 13

自分のおもてなしでお客様の喜んでくださる姿が見られる仕事です

幼い頃から飛行機と旅行が好きで、旅行のわくわく感を感じて頂けるお手伝いがしたいと考え航空業界を志望しました。その中で、日本のみならず海外のお客様にも、私の地元である大好きな北海道でたくさんの思い出を作って頂きたいという気持ちから、新千歳空港で働くことを決めました。
面接では自分の好きな世界遺産について熱く語りましたが、面接官の皆さんが終始温かい雰囲気で聞いてくださったことが印象的でした。
グランドスタッフは、直接お客様と接することができ、自分のおもてなしでお客様の喜んでくださる姿が見られる仕事です。特に自分が担当した飛行機が無事に出発するのを見届けられることは、この仕事の醍醐味でもあり、やりがいにつながっています。
新千歳空港は特に冬の天候事由によるイレギュラーが多いこともあり、会社全体で一致団結する結束力があります。経験できる業務の幅も広く、お手本となる先輩方がたくさんいます。志の高い皆さんの成長をサポートできる温かい職場で、一緒に働いてみませんか?

ANA沖縄空港株式会社

旅客サービス部 旅客1課

一條 麗/ 2014年入社(3年目)

INTERVIEW 14

自分にとって空港が一番”沖縄”を感じられる場所

北海道で生まれ育ちましたが、沖縄に旅行した際に地元の方の温かさや文化に魅了され、大学から沖縄に移住しました。自分にとって空港が一番”沖縄”を感じられる場所であったため、自分もこの場所で温かみのある接客をしたいと思い、この仕事を選びました。
面接では明るく元気に受け答えすることはもちろんですが、県外出身者の目線や考え方を仕事に活かしたいという気持ちを伝えました。
グランドスタッフは体力勝負の部分がありますが、同期や先輩・上司の支えがあり、皆で協力しながら業務にあたることでその大変さも乗り越えられると思っています。改善が必要な不具合が発生した場合には、同期で業務終了後に集まって話し合うなど、モチベーションも高く向上心のある仲間がたくさんいます。
沖縄空港は若手のうちから様々な仕事を任せてもらえるため、責任感を養うことができ、ステップアップできるスピードも速いです。私たちのチームに加わって、皆で一丸となって一つの飛行機を見送ってみませんか?

ANA中部空港株式会社

グランドサービス部 ランプサービス1課

水野 良亮/ 2012年入社(5年目)

INTERVIEW 15

社員一人ひとりが常に”安全”を念頭に置いて仕事をして

幼い頃旅行で中部国際空港を訪れた際、展望デッキから見たグランドハンドリングのスタッフの働く姿に憧れ、学生時代は航空専門学校で実践的なグランドハンドリング業務を学んでいました。
面接ではとても緊張し上手く話すことができない場面もありましたが、自分が幼い頃から憧れていたこの仕事に就きたい、という熱い気持ちが伝わったのだと思います。
入社してみると”安全がすべて”という意識がとても強く、社員一人ひとりが常に”安全”を念頭に置いて仕事をしていると感じました。常に危険と隣り合わせの職場であるため、緊張感と責任感を持って業務にあたっています。
中部国際空港は小型機の発着が多いため、貨物やお客様の手荷物をより効率的に搭載していく必要があります。その分一層団結しチームプレーを実践することを心がけています。’あんしん・あったか・あかるく元気!”で熱い思いを持った方、私たちのチームで一緒に働きましょう!

ANAエアポートサービス株式会社

ランプサービス部 ランプサービス2課

谷口 智啓/ 2016年入社(1年目)

INTERVIEW 16

とにかくこの仕事に就きたいという自分の熱意が伝わったのだと思います

幼い頃から飛行機が好きで、空港を訪れては飛行機が離発着する様子を眺めているうちに、グランドハンドリングの仕事に興味を持つようになりました。就職活動において、航空専門学校で専門的な知識を持っていなくとも入社できるということを知り、自分も応募してみたいと思ったのが入社のきっかけです。
専門的な知識がなかった為、飛行機・空港・グランドハンドリング業務についてよく調べ、勉強した上で選考に臨みました。面接では、とにかくこの仕事に就きたいという自分の熱意が伝わったものだと思います。
今は資格を取得するごとに担当できる業務が増えていくことにやりがいを感じ、現場のプロフェッショナルとして活躍できるように日々努力しています。
羽田空港のスタッフは常に前向きで、仲間同士の繋がりが深く、困ったときは皆で助け合うという風土があります。これからこの仕事を目指される皆さんは、自分の興味・関心や、やってみたいという気持ちを原動力に一緒に成長して頂きたいと思います!

その他のインタビューを見る

JOIN OUR TEAM!