茶コラムページトップに戻る
中国茶の世界 中国茶のキホン 中国茶10傑 茶芸
お茶うけと茶器
中国茶のキホン
中国各地にはそれぞれ自慢のお茶があり、その気候や摘み取りの時期、加工の方法などによって数え切れないほどの種類があります。

そこで中国では淹れた時の湯色別に大きく6種類に分類しています。これは茶葉の発酵の度合いを基準としており、「緑茶」「青茶」「黒茶」「黄茶」「白茶」「紅茶」と分けられます。例えば日本でおなじみの烏龍茶は青茶となります。

そんな色別の種類によっても、味の特徴が異なりますので、ぜひ飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。
【黒茶】
茶/雲南沱茶 など
雲南省の普茶が代表でコクがあります。チベット族、モンゴル族などの日常茶でもあります。古いものほど珍重されます。後発酵茶。※普茶は種類によって黒茶に含まれないものもあります。
【紅茶】
祁門/ 正山小種 など
摘み取った茶葉を乾燥させてもみ込んだ完全発酵茶。インド産よりもタンニンが少なめ。燻製されてスモーキーな香りがするものもあります。
【緑茶】
龍井/ 碧螺春 など
中国でもっとも生産量が多いお茶です。摘んですぐに発酵を止める不発酵茶。ビタミンCが豊富で、草のような爽やかな香り。
【青茶】
白毫烏龍/ 大紅袍 など
烏龍茶が代表。半発酵茶。脂っこい物を食べた後に合う清々しい香りと緑茶よりも濃厚な味。福建省で作られるものが有名です。
【白茶】
白毫銀針/白牡丹 など
弱発酵茶。茶葉の表面に白毛が生えています。福建省を起源とするお茶で、主に南方で好まれています。すっきりとした味わい。
【黄茶】
君山銀針/蒙頂黄牙 など
緑茶に似た爽やかな香りを持ちます。茶葉が湯の中で美しく揺れるのも特徴です。生産量が少ない貴重なお茶です。微発酵茶。
お茶の産地は多くありますが、主に北緯18〜38度のあたりにあたり分布し、北は安徽省、南は広東省あたりが名産地となっています。とくにお茶の産地として知られるのは以下のとおり。


<主なお茶の産地>
「安徽省」 緑茶や祁門紅茶の産地
「浙江省」 緑茶の産地。
西湖周辺で栽培される龍井茶が有名
「湖南省」 緑茶の産地。紅茶、黄茶も栽培される
「福建省」 良質の烏龍茶の産地として有名
「雲南省」 茶の故郷
次のコラムへ
茶コラムページトップに戻る
中国茶の世界 中国茶のキホン 中国茶10傑 茶芸
お茶うけと茶器