観光

訪れるたびに姿を変える、神秘的な"霧の摩周湖"

北海道川上郡

独特の深い青は「摩周ブルー」

masyuko

弟子屈町から11km、川湯温泉から12kmにあり、湖面は海抜351m、周囲約20km、面積19.2平方キロメートル、最深211.4mの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖は、刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了する。湖の周囲は300~400mの絶壁に囲まれ、その斜度は平均45度もあり、これほど険しい湖岸は他にはないと言われている。

masyuko

 「霧の摩周湖」と呼ばれ、注ぎ込む川も流れ出る川もないのに水位はいつも変わらない不思議な不思議な湖は、多くの時間を霧が包み込みなかなか姿を見せてくれないが、ふと千変万化のごとく美しく神秘的な姿を現わす。不純物をほとんど含まない聖なる水が作り出す、まるで藍を流したかのような独特の深い青は「摩周ブルー」と言われている。摩周湖の水はただ美しいだけでなく、人の心にたとえるならば、まさに純真な水と言える。また、夜空の星も絶景であり、摩周星紀行ツアーの参加者も多い。

また、摩周湖周辺は、その素晴しい自然を保護するため、国立公園の中でも特別保護地区に指定されている。

住所

北海道川上郡弟子屈町地図を見る

アクセス
  • ・川湯温泉駅からバスで40分
  • ・摩周駅からバスで20分
URL

http://www.masyuko.or.jp/pc/sightseeing/masyuko.html

お問い合わせ先

015-482-2200(摩周湖観光協会)