NEWS ANA

第12-036号
平成12年4月12日


2015年満期円建転換社債を発行

 全日空では、本日4月12日開催した取締役会において、2015年満期円建転換社債の発行を決議いたしました。
詳細については、以下をご参照下さい。

東京都大田区羽田空港三丁目5番10号
全日本空輸株式会社
代表取締役社長 野村吉三郎
(コード番号 9202)
(問合せ先)
総務部長 門脇達朗
TEL(03)5756−5665

2015年満期円建転換社債発行に関するお知らせ

 平成12年4月12日開催の当社取締役会において、2015年満期円建転換社債の発行につき決議いたしましたので、下記のとおりその概要をお知らせいたします。

1. 発行する証券 全日本空輸株式会社2015年満期円建転換社債
2. 発行総額 300億円及びかかる金額に加えて下記12.記載の幹事引受会社の権利の行使により追加的に発行される本社債の金額
3. 各社債の額面金額 100万円又はその整数倍
4. 社債券の形式 利札なし記名式社債券
5. 発行価格 未定(今後開催予定の当社取締役会において決定する)
6. 利率 未定(今後開催予定の当社取締役会において決定する)
7. 調印日 2000年4月18日〜20日のいずれかの日を予定
(ロンドン時間。以下別段の記載のない限り同じ)
8. 払込期日及び発行日 2000年5月9日
9. 満期償還日 2015年3月31日(15年債)
10. 税制変更による
繰上償還
日本の税制の変更により、本社債の元金の支払に関し、追加支払義務が発生する場合、発行会社は本社債権者に対して30日以上60日以内の事前の償還公告を行うことにより、残存する本社債の全部(一部は不可)を額面金額の100%に償還日までの経過利息を付して繰上償還することができる。
11. 発行場所 連合王国ロンドン市
12. 募集方法 欧州を中心とする海外市場における募集(ただし、アメリカ合衆国においては、米国1933年証券法に基づくルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売のみとする。)とし、Deutsche Bank AG Londonを主幹事引受会社とする幹事引受会社が総額個別買取引受けをする。ただし幹事引受会社は2000年4月25日までに60億円を上限として追加的に本社債を買取る権利 (Over−Allotment Option)を付与されている。
13. 上場 ルクセンブルグ証券取引所。
14. 転換価額 未定(今後開催予定の当社取締役会において決定する)
15. 転換価額の調整 転換価額は、発行会社が本社債発行後、普通株式の時価を下回る払込金額で新たに普通株式を発行する場合には、次の算式により調整される。
計算式
また、転換価額は株式の分割・併合、当社の普通株式の時価を下回る当初転換価額・行使価額での転換社債・新株引受権付社債の発行、その他本社債の要項記載の一定の場合にも適宜調整される。但し、転換価額は、発行会社の普通株式を適法に発行するために必要な最低金額を下回らないものとする。
16. 転換により発行する
株式の内容
発行会社の普通株式(現在の額面普通株式1株の額面金額は50円)。
17. 転換請求期間 2000年6月5日から2015年3月24日
但し、期限前償還の場合は本社債の要綱に定める日の営業終了時まで(転換請求地時間)。
18. 転換により発行する
株式の発行価額中
資本に組み入れない額
転換により発行される株式の発行価額中資本に組入れない額は、当該発行価額より資本に組み入れる額を控除した額とする。資本に組み入れる額とは、当該発行価額に0.5を乗じ、その結果1円未満の端数を生ずるときはその端数を切り上げた額とする。但し、1株当りの資本に組入れる額は、当社額面金額を下回らないものとする。
19. 担保又は保証 なし。
参考


以上