ANA
全日空
広報室
電話:03-5756-5675

全日空/中日本エアライン
共同リリース
2002年2月27日
NAL
中日本エアライン
業務部
電話:0568-28-5405
"ANA Connection"が国内5都市と海外の時差を短縮します!!
〜成田=名古屋線にて、4月18日より週14便のコードシェア便(中日本エアライン運航)を運航開始〜

 全日本空輸株式会社(本社:東京都大田区、社長:大橋 洋治)、中日本エアラインサービス株式会社(本社:愛知県西春日井郡、社長:平林 章)は、2002年4月18日(木)より、成田=名古屋線をコードシェア(※1)便にて運航することで合意し、本日2月27日(水)、国土交通省へ申請いたしました。
 
(※1) 1つの運航便に、複数の航空会社における営業上の便名(コード)を付与(シェア)して運航する形態のこと。

成田=名古屋線を新規開設した中日本エアラインの便名に、全日空の便名を付与したコードシェア便として、週14便(2便/日)にて運航いたします。成田=名古屋線の全日空便は、既存の運航便週7便(1便/日)と併せて、計週21便(3便/日)となります。

 全日空では、成田からの国内線網を飛躍的に拡大し、既存の伊丹線・名古屋線(各1便/日)に加え、福岡線(2便/日)を就航させます。これに加えて、パートナー企業である中日本エアライン(名古屋線2便/日)およびフェアリンク(札幌線・仙台線各2便/日、伊丹線1便/日)とコードシェアを実施し(※2)、成田から5路線計11便/日の国内線国際線間の乗り継ぎネットワークを構築いたします。
(※2) 政府認可を前提。

 また全日空では、成田空港を中継点として、中日本エアライン・フェアリンクのパートナー企業が運航するコードシェア便を含めた成田発着の国内線と国際線を結ぶ接続サービスを表す名称を、「ANA Connection(エーエヌエーコネクション)」 と銘打って、「成田空港での乗継ぎが便利な全日空の国内線」を今後積極的にアピールしてまいります。海外へのビジネスやご旅行の際には、「ANA Connection」 を是非ご利用ください。

 成田=名古屋線におけるコードシェアの概要は、以下の通りです。
 
<成田 → 名古屋> (運航開始日は4月18日)

成田

名古屋

運航会社

運航日

運航機材

8:55

NH3201/NV3201

10:15

中日本エアライン

毎日

フォッカー50

16:45

NH0339(※3)

17:45

全日空

毎日

A320

19:00

NH3205/NV3205

20:20

中日本エアライン

毎日

フォッカー50

(※3) 4月17日までは、成田19:00発・名古屋20:00着となります。
 
<名古屋 → 成田> (運航開始日は4月18日)

名古屋

成田

運航会社

運航日

運航機材

7:10

NH3202/NV3202

8:30

中日本エアライン

毎日

フォッカー50

12:25

NH0338(※4)

13:25

全日空

毎日

A320

16:35

NH3204/NV3204

17:55

中日本エアライン

毎日

フォッカー50

(※4) 4月17日までは、名古屋7:30発・成田8:30着となります。
<参考> (※)以下のデータは、2002年2月27日現在。

【全日空 概要】
1. 社 名 : 全日本空輸株式会社
2. 設 立 : 1952年12月27日
3. 本 社 : 東京都大田区羽田空港
4. 社 長 : 大橋 洋治(おおはし ようじ)
5. 使用機数 : 141機
6. 運航便数 : 国内線262便/日、国際線153便/週
7. 就航都市 : 国内34都市、海外22都市

【中日本エアラインサービス概要】
1. 社 名 : 中日本エアラインサービス株式会社
2. 設 立 : 1988年5月23日
3. 本 社 : 愛知県西春日井郡名古屋空港内
4. 社 長 : 平林 章(ひらばやし あきら)
5. 保有機数 : 4機
6. 運航便数 : 9便/日
7. 就航都市 : 国内7都市

以上

A STAR ALLIANCE MEMBER