NEWS ANA

第02-080号
2002年8月19日
平成14年度 夏休み期間旅客輸送実績


平成14年度夏休み期間(平成14年7月20日〜平成14年 8月18日)の全日空グル−プ各社の旅客輸送実績について取り纏めましたのでご報告致します。
尚、詳細については下記をご参照下さい。
[ANA 平成14年度 夏休み期間輸送実績] [ANK 平成14年度 夏休み期間輸送実績]
[A-net 平成14年度 夏休み期間輸送実績] [ADK 平成14年度 夏休み期間輸送実績]

1.グループ利用状況

【 国内線 】 ANA GROUP:ANA+ANK+A-net+ADK
(上下線) 提供座席数 総旅客数 利用率
前年比 前年比
ANA GROUP 6,333,847席 99.60% 4,273,821人 98.80% 67.50%
ANA 5,339,524席 99.10% 3,641,055人 98.10% 68.20%
ANK 964,871席 103.20% 615,512人 103.90% 63.80%
A-net 22,568席 81.40% 14,025人 76.50% 62.10%
ADK 6,884席 92.50% 3,229人 87.00% 46.90%

【 国際線 】 ANA GROUP:ANA(AJX含む)+ANK
(日本発) 提供座席数 総旅客数 利用率
前年比 前年比
ANA GROUP 日本発 223,927席 103.10% 168,994人 96.70% 75.50%
期間計 450,538席 102.70% 338,714人 96.60% 75.20%
ANA 日本発 214,857席 100.70% 162,580人 94.60% 75.70%
期間計 432,345席 100.30% 326,253人 94.60% 75.50%
ANK 日本発 9,070席 234.60% 6,414人 226.40% 70.70%
期間計 18,193席 235.60% 12,461人 220.20% 68.50%

2.期間中のトピックス
1. 国内線の総旅客数は、グル−プ全体で約427万4千人(前年比:98.8%)と前年を若干下回る状況となりました。
2. 国際線では、成田暫定滑走路の展開に伴いグル−プ全体で提供座席数が期間計で前年比102.7%と若干増加したものの、総旅客数では約33万9千人(前年比96.6%)と前年を下回る状況となりました。

以上