NEWS ANA
  第02-093号
2002年9月24日
「社会と共に歩み続けます。赤い羽根共同募金」
今年は、大橋(ANA)、益本(ANK)両社長も
羽田空港で街頭募金活動!

〜過去40年間「空の第一便」に協力してきたCA歴代制服も羽田に勢揃い〜


 全日空グル−プでは10月1日から実施される「赤い羽根共同募金運動」に今年も協賛致します。
 昭和37年から『空の第一便』を始め様々な形で参加してきましたが「新創業宣言」のグループ行動指針「社会と共に歩み続けます」に則り、今年から募金活動をより積極的に行なっていきます。

 10月1日には羽田空港の出発ロビーにおいて、全日空ならびにエアーニッポン社長とともに運航乗務員・客室乗務員・旅客係員・整備士も参加して街頭募金を行います。 また、当日、客室乗務員は『空の第一便』と称して「メッセージ」と「赤い羽根」をこれまで伝達してきた歴代の制服を着用して募金活動を致します。

 協賛の詳細につきましては以下をご参照願います。

1. 羽田空港での街頭募金活動
 
中央共同募金会から今日までの協力に対する感謝状が授与された後、全日空・エアーニッポン両社長とともに各職種の社員が募金活動を行ないます。

日時 平成14年10月1日(火) 14:00〜14:30
場所 羽田空港ターミナル 出発ロビー63番カウンター前
参加者
中央共同募金会 西宮常務理事
東京都共同募金会  大江常務理事
全日空 大橋社長
エアーニッポン 益本社長
全日空 客室乗務員(歴代制服着用)・旅客係員・運航乗務員・整備士
エアーニッポン 客室乗務員・整備士

2. 中央伝達式(東京)
 募金運動に先立ち、厚生労働大臣等から全国各地で行なわれる伝達式への「メッセージ」と「赤い羽根」を客室乗務員がお預かり致します。今年は全日空創立50周年、共同募金への協力は41回目ということで、これまでの歴代制服を着用した客室乗務員が伝達式に出席します。

日時 平成14年9月30日(月)14:00〜14:15
場所 厚生労働省副大臣室
参加者
全日空客室乗務員  8名(歴代制服着用)
エアーニッポン客室乗務員  1名

3. 『空の第一便』 各地伝達式
  中央伝達式で預かった「メッセージ」と「赤い羽根」を『空の第一便』と称し、客室乗務員が全国36空港、38地区に伝達し、街頭募金にも参加します。

日時 平成14年10月1日(火)
全日空 札幌、稚内*、女満別、旭川、釧路、函館、青森、秋田、庄内、山形、仙台、新潟、富山、小松、名古屋、京都、 大阪、 関空、神戸、 岡山、広島、山口宇部、鳥取、高松、徳島、松山、高知、福岡、佐賀、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄
エアーニッポン 根室中標津、福島、対馬
    *稚内については9月30日に実施

4. 東京での街頭募金セレモニーへの参加
 中央共同募金会主催のセレモニーに参加して、共同募金運動の周知と運動の気運盛り上げに協力致します。

日時 平成14年10月1日(火)11:00〜11:30
場所 銀座 ソニービル・ソニースクエア前
参加者
全日空客室乗務員 1名
エアーニッポン客室乗務員  1名

5. 全国空港カウンターへの募金箱設置
 今年からの新たな募金運動として、全日空・エアーニッポン国内全就航空港の空港カウンターに募金箱を設置し募金活動を行ないます。また、募金箱設置期間中は客室乗務員ならびに旅客係員は赤い羽根を着用し、周知を図ります。

期間 平成14年10月1日〜10月15日
場所 グループ国内全就航空港 (51空港)

6. 客室乗務員による空港ロビーでの募金活動
 今年からの新たな募金運動として、空港ロビーにおいて全日空ならびにエアーニッポンの客室乗務員が街頭募金を行います。

期間 平成14年10月1日〜10月10日
場所 羽田、名古屋、伊丹、関空、福岡の空港ロビー

7. スカイビジョン放映
 機内スカイビジョンにて共同募金運動のPRビデオを放映します。

日時 平成14年10月1日〜10月31日
対象 国内線機内(スカイビジョン装備機)

お問合わせ先 : 全日空広報室 羽田空港担当 03-5757-5547
エアーニッポン羽田空港支店 業務課  03-5757-5922

以上