NEWS ANA

第03-003号
2003年1月8日
平成14年度 年末・年始期間旅客輸送実績

 平成14年度年末・年始期間(平成14年12月20日〜平成15年1月7日)の全日空グル−プ各社の旅客輸送実績について取り纏めましたのでご報告致します。
 尚、詳細についてはこちらをご覧下さい。
 
1.グループ利用状況
【 国内線 】 ANA GROUP:ANA+ANK+A-net+ADK
(上下線) 提供座席数 総旅客数 利用率
  前年比   前年比
ANA GROUP 3,979,676席 102.6% 2,515,691人 108.6% 63.2%
ANA 3,500,521席 106.1% 2,234,412人 111.1% 63.8%
ANK 459,541席 80.1% 270,142人 89.2% 58.8%
A-net 16,968席 ――― 9,872人 ――― 58.2%
ADK 2,646席 86.8% 1,265人 91.5% 47.8%
【 国際線 】 ANA GROUP:ANA(AJX含む)+ANK
(日本発) 提供座席数 総旅客数 利用率
  前年比   前年比
ANA GROUP 日本発 140,587席
110.4% 101,637人 114.5% 72.3%
期間計 283,087席 109.9% 208,271人
115.4% 73.6%
ANA 日本発 134,566席 107.8% 97,106人 111.5% 72.2%
期間計 271,042席 107.4% 199,239人 112.5% 73.5%
ANK 日本発 6,021席 235.1% 4,531人 271.0% 75.3%
期間計 12,045席 234.6% 9,032人 268.2% 75.0%
 
2.期間中のトピックス
1. 国内線の総旅客数は、グル−プ全体で約252万人(前年比:108.6%)と提供座席数の伸び(前年比:102.6%)を上回る好調な利用実績となりました。
「乗り放題運賃」を設定した1月1日は、グル−プ全体で年末年始期間としては過去最高の181,224名のお客様にご利用頂きました。
2. 国際線では、ANAの中国路線の増便、ANKの成田−台北線の開設によりグル−プ全体で旅客数が約20万8千人(前年比:115.4%)と提供座席数(前年比:109.9%)の伸びを大きく上回る好調な利用状況となりました。

以上