NEWS ANA

第03‐056号
2003年5月13日
ANAの国際線機内サービスが充実!
〜成田=ニューヨーク、フランクフルト線にも続々と就航!新仕様のB747-400型機!〜
〜さらに6月から客室乗務員が真心のおもてなしでお客様一人ひとりに応じたサービスも演出!〜


 
  ANAでは、2002年4月から成田=ロンドン線に就航している新仕様のB747-400型機をニューヨーク、フランクフルトへも就航を開始いたします。新仕様のB747‐400型機は、ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスそれぞれのインテリアをリニューアル、特にシート機能を格段に充実させた機材で5月4日からニューヨーク線に、6月18日からはフランクフルト線にも就航いたします。


ファーストクラスのリニューアル
全席にフルデジタル15インチ大型シートテレビと*AVODシステムを導入。新デザインの大型トイレも設置して悠々と更衣も可能。
ビジネスクラスのリニューアル
イージースリーパーシート(フラットシート)、大型枕と羽毛布団を全席にご用意し、パソコン用電源、フルデジタル大型9インチモニターを全席に装備。
*オーディオ・ビデオの各プログラムをいつでも好きな時にお楽しみいただけます。(Audio and Video On Demandの略)

 また、6月1日から成田=ロンドン、ニューヨーク線のビジネスクラスのサービスを一新、一人一人のスタイルに合わせたファーストクラスにより近い、新機内サービスを導入します。従来のビジネスクラスでは、客室乗務員が機内食をカートやトレ−を使用しサービスしておりました。今回の「**New Style,CLUB ANA」では今まで以上にお客様とのコミュニケーションを重視、お客様一人一人のお食事のペースに合わせ、特に洋食では、シェフのように客室乗務員が食器を選び、レストランのようにお皿に盛り付けをして、限りなくパーソナルな空間(個人的な空間)を演出するサービスを行ないます。
**「New Style,CLUB ANA」はANAビジネスクラスの名称です。
(詳しくは、ANAホームページでもご覧頂けます。)

 国際線のサービス向上を目的として、ANAでは約5,000名にのぼる、お客様アンケートやお得意様に対するヒアリング調査などを実施した結果、多くのお客様がビジネスクラスに「気取らないくつろぎの空間」や、「一人一人の異なるスタイルに対応したフレキシビリティーを求めている」ことが分かりました。ネクタイにスーツ姿で出掛ける堅苦しい海外出張ではなく、「ビジネスの緊張感」と「リラックス」が両立した自分なりのスタイルで過ごすことのできる旅、つまり、お客様一人ひとりによって異なる、「眠る」「くつろぐ」「楽しむ」「仕事する」「飲む」「食べる」などの旅のスタイル(過ごし方)に応えることができるサービスを追求、国際線のサービスについてさらなる検討・検証・分析を繰り返した結果、今回のサービスが生まれました。
 ANAは常に「ANAらしさ」を追求し、挑戦し続けます。これからもどうぞご期待ください。

以上

●機内サービスの一時停止ならびに導入の延期について
 2002年4月より導入しておりました「機内リアルタイム文字情報サービス」ならびに2002年度内に導入を予定しておりました「機内e−mailサービス」は、高品質なサービスの提供ができないため、当面の間サービスを一時停止ならびに導入を延期いたします。今後さらなる技術開発等により高品質なサービスの提供ができるよう努力してまいりますので、ご迷惑をおかけしますがご了承賜りますようお願い申し上げます。