NEWS ANA

第03‐116号
2003年9月16日

世界初!! 『ANA マイレージクラブEdy カード』を
その場で発行!
〜「即時発行システム」を大日本印刷株式会社と共同開発〜


  ANAは、大日本印刷株式会社(以下:DNP)と共同で『ANAマイレージクラブEdyカード』の即時発行システムを開発しました。カード面に氏名やカード番号の*エンボス加工があり、かつ非接触ICカード技術を搭載したカードは、クレジットと少額決済の一体化カードなどとして今後増えてくると思われますが、この仕様での「即時発行システム」は当システムが世界初となります。
*カード表面の数字や文字などの凹凸加工

 福岡の天神地下街や大丸・福岡天神での入会キャンペーンをはじめとして、「WPC EXPO 2003(日本コンベンションセンター(幕張メッセ)で開催されるアジア最大のデジタル総合展2003年9月17日(水)〜20日(土)開催)のANAブース内でも使用します。機内をイメージしたブースでは、国際線の機内サービスを体感できるコーナーやクイズコーナーなどを展開、クイズに当選した方には、抽選でEdyカードの即時発行を無料で行います。(通常、カード発行手数料は500円)
 これからも『ANAマイレージクラブEdyカード』入会キャンペーンなどのイベント会場や空港で当システムを使用していく予定です。

 『ANAマイレージクラブEdyカード』は通常、ご入会を希望するお客様から郵送された申込書にしたがって、会員データーベースへの登録をANAで行った後、DNPのカード製造工場においてカードの発行・発送を行っていました。このため、ご入会を希望するお客様の手元にカードが届くまで、約2〜3週間を要しています。しかし、入会キャンペーンなどのイベント会場でご入会を希望するお客様は、その場でカードを入手したいというニーズがあり、また当社には、ご入会を希望するお客様のニーズに即応することで、入会会員を増やす機会を失わないメリットがあり、今回開発した「即時発行システム」は、こうした双方のニーズに対応したサービスとなります。
 今回の「即時発行システム」では、あらかじめDNPのカード製造工場にて、会員番号など会員の属性に依存しないデータを予めカードに記録しておき、即時発行処理の現場(今回の場合は「WPC EXPO 2003会場」)にて、ご入会を希望するお客様が記入した申込書にしたがって、氏名などの個人情報の記録を行います。(この時点で『ANAマイレージクラブEdyカード』としてすぐに使えるようになります。)発行されたカード番号と記入された入会申込書は、速やかに会員データベースに登録します。

 現在、『ANAマイレージクラブ』の会員数は、約950万人。Edyカードへの会員数を今年度100万人(8月末現在約20万人)とする目標を掲げており、今後とも空港や各種イベント会場での『ANAマイレージクラブEdyカード』の即時発行を企画し、お客様のスムーズなご入会ニーズに応えてまいります。
 
以上