NEWS ANA

第03‐119号
2003年9月19日

「赤い羽根」シンボルマーク特別塗装機があなたのまちに!
〜地域福祉を推進する共同募金会の活動にANAグループは協力します〜


 ANA・エアーニッポン・エアーニッポンネットワークでは、ANAグル−プ経営理念の行動指針である『社会と共に歩み続けます』に則った貢献活動として、10月1日から始まる「第57回赤い羽根 共同募金」の募金運動に今年も協力して参ります。

 昭和37年から「赤い羽根 空の第一便」として、毎年10月1日に客室乗務員が国内各地の伝達式において 知事・市町村長・共同募金会会長・(市)支会長・(町村)分会長に厚生労働大臣や中央共同募金会会長からのメッセージと赤い羽根をお届けしており、今年が42回目の協賛となります。

 また 今年は、昨年からの貢献活動であるANAグループが就航している国内47空港での募金運動に加え、地域福祉のコミュニティ構築を推進している共同募金会への新たな協力として、共同募金のシンボルマークである「赤い羽根
」をANAのボーイング767型機 6機とエアーニッポンのボーイング737型機 4機に特別塗装し、これら「赤い羽根号」10機が募金期間の12月末まで 約6,000便がお客様とともに全国各地の空港(41ヶ所予定)に飛来して募金運動のPRに努めます。 その他の協力内容や行事につきましては別添をご参照願います。

 なお、「赤い羽根
」特別塗装機の報道用披露セレモニーは10月1日に羽田空港のANA格納庫でボランティア参加の角界・芸能界ゲストもお迎えして実施致します。

 ANAグループは、「赤い羽根 共同募金」はもとより、今後とも積極的に社会貢献活動に努めて参ります。
 

(別添資料)
募金運動協力内容・行事詳細
以上