2003年12月6日

スターアライアンスで、航空燃料の共同調達会社を設立!!


 本日12月6日(土)、スターアライアンスの加盟各社は、東京で開催された社長会において、航空機用燃料を共同で調達する会社を、今後設立することについて決議しました。

 スターアライアンスを代表して、ANA社長の大橋洋治は、「世界規模での提携を強化することで、スターアライアンスのメリットを効果的に発揮できる」との判断によるものだと述べている。また、「スターアライアンス加盟社で航空機用燃料を共同調達することによって、コスト的に大きな効果がある」とも述べた。

 共同調達会社となる「Star Alliance Fuel Co.」は、2004年中に、事業を開始する予定です。

 スター アライアンスは、お客様にグローバルかつスムーズな旅を提供する目的で、世界最初のグローバルな航空会社提携として1997年に発足しました。加盟航空会社は、エア・カナダ、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空グループ、bmi、LOTポーランド航空、ルフトハンザ ドイツ航空、メキシカ−ナ航空、スカンジナビア航空、 シンガポール航空、スパンエア、タイ国際航空、ユナイテッド航空、ヴァリグ・ブラジル航空の15社。USエアウェイズは2004年に参加予定です。

以上