NEWS ANA

第04‐058号
2004年5月12日

羽田=佐賀線 国内深夜貨物定期便2路線目運航へ
〜国内流通基盤改革 首都圏と九州の物流新時代へ〜

 ANAでは、本日5月12日(水)、国内線用旅客機材を活用した国内線深夜貨物定期便の2路線目として、羽田=佐賀線の運航計画を国土交通省に申請いたしました。

 これまで、ANAでは昨年11月5日(水)より B777−300型機を東京(羽田)=札幌(新千歳)間に1日1便(1往復)投入し、首都圏と北海道地区の翌日配達圏の拡大をはじめ、 物流ネットワークの充実に努めて参りました。

 今回、九州地区のお客様ニーズの新たに対応すべく、本年7月8日(木)よりB767-300型機を羽田=佐賀線に1日2便(2往復)投入し、スピード面の優位性が高い航空貨物サービスの強化を図って参ります。

 
 1.運航開始日
     2004年7月7日(水)
 
 2.スケジュール
 
 
 3.使用機材
    B767−300型機
 
 4.搭載量・需要見込み
    約10〜15トン/1便あたり (搭載可能コンテナ数 15台 (参考 B747-400 30台))
 
 5.需要見込み
    約1.5万トン/年
 
 6.主な輸送品
    ・ 東京発 : ビジネス書類、サンプル品、雑貨、ギフト他
    ・ 佐賀発 : 生鮮食品、電子(IT)部品、雑貨他
 
 以上
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
羽田=佐賀線 国内深夜貨物定期便2路線目運航へ