前ページ

 
 
ANA中国キャンペーン テレビCMについて
 
 ANA中国キャンペーンを紹介するテレビコマーシャルでは、その昔マルコ・ポーロが「世界一美しい」と絶賛した景勝地「杭州(ハンジョウ)」を舞台に、長嶋一茂氏と中国の少年・少女をはじめとした様々な人々との触れ合いを通して、日本と中国の架け橋となるANAを表現していきます。
テレビCMは5月29日(土)より、関東・関西エリアから放映開始予定です。

●テレビCMの内容
河川敷の野球場でノックをしている長嶋一茂さん。すると、中国人の女の子がそのボールをキャッチして微笑みます。それを見て、どんどんノックを続ける一茂さん。実はそのボールは中国まで届いていました。中国では船頭さんや、太極拳をしている人達が次々とボールをキャッチしていきます。
 最後は疲れたのか、ついつい当て損ねてしまった一茂さん。ボールは転々と転がり、そのボールを拾った中国の少年たちが「おいでよ!」と叫びながら路地の奥へ走り去って行きます。
 今回のロケ地は、その昔マルコ・ポーロが「世界一美しい」と絶賛した景勝地「杭州(ハンジョウ)」。 「雷峰塔(ライホウトウ)」を望む「西湖(セイコ)」の橋の上や、観光客で賑わう「宋城(ソウジョウ)」、昔ながらの街並みが残る「烏鎮(ウーチン)」、 高級リゾート「富春(フーチュン)」のプールサイドなどで中国の出演者の方々に実際にボールをキャッチしてもらいました。
 このボールのように、ANAが日本と中国の架け橋となり、中国の美しく心和む風景の中へ皆様をお連れいたします。

 
<制作スタッフ>

クリエーティブ・ディレクター 佐々木宏(シンガタ)
プランナー 澤本嘉光(電通)・権八成裕(シンガタ)
プロデューサー 多田真穂(電通テック)
ディレクター 八木敏幸
撮影 小抜貴広
照明 堀之内徹
録音 石堂浩之
スタイリスト 野口強/本庄るみ
ヘアメイク 高林悦子
クリエーティブ・コーディネーター    俊成和作(トレードマーク)