NEWS ANA

第04‐113号
2004年9月14日

「私の青空 千歳空港・らんこしの森」林野庁と60年契約!!
〜 第4弾は“法人の森林(もり)”(分収育林)制度活用で『森づくり』 〜
〜 来春、親子で地球環境について考える『青空塾』を開講 〜

 ANAグル−プでは、本日9月14日(火)、北海道千歳市蘭越らんこし)にある国有林約3.2haを「私の青空 千歳空港・らんこしの森」として、林野庁と60年間の“法人の森林”(分収育林)契約を北海道森林管理局にて締結致しました。

 「私の青空 千歳空港・らんこしの森」は、今年度より10ヶ年計画で全国展開している「私の青空 羽田空港・天城湯ヶ島の森」 「私の青空 函館空港・大野町きじひきの森」 「私の青空 宮崎空港・北郷町花立の森」に続く『私の青空 森づくり』環境貢献活動の第4弾となり、従来の苗木の植え付けからスタートする『森づくり』とは異なり、約2,700本のナラ・ダケカンバ・イタヤ等が生育している美しい森をさらに自然を愛する人々の‘憩いの森’となるように千歳空港周辺をはじめとした皆様方とともに枝打ち・つる切り等の育林作業や花木の植栽・巣箱の設置・遊歩道の整備等を行なっていく計画です。

 また、来春には北海道・社団法人共同通信社の後援のもと、小・中学生とその保護者の方を公募し、「私の青空 千歳空港・らんこしの森」において専門家・有識者から森林もり)について学ぶ『青空塾』の開講や周辺の自然豊かな七条大滝・丸山遠見まるやまとおみ)展望台・ナイベツ川名水ふれあい公園等を散策し、自然とふれあいながら親子で地球環境について考えるネイチャー・ウォークの開催も予定しております。

 「木を植え、森を育てる」緑化造育林活動は、自然環境の再生のみならず、地球温暖化防止に役立つとともに環境省が推進しているエコツーリズムの普及・定着にも繋がるものと確信しております。

 ANAグループは、今後とも「人と地球を考える」をキャッチフレーズに環境保全を経営の最重要課題の一つと位置付け、積極的に環境貢献活動を実践して参りますので、来春の「私の青空 千歳空港・らんこしの森」ネイチャー・ウォークにご期待下さい。

 
 
 
 以上
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
「私の青空 千歳空港・らんこしの森」林野庁と60年契約!!