NEWS ANA

第04‐129号
2004年10月19日

大田区の皆様と「私の青空 羽田空港・天城湯ヶ島の森」!
〜小・中学校の校庭で児童・生徒が大切に育てた苗木も植樹します〜
〜京都大学助教授による森林生態系について考える『青空塾』開講〜

 ANAグル−プでは、今秋の『私の青空 森づくり』環境貢献活動として、来る10月24日(日)、静岡県伊豆市の国有林「私の青空 羽田空港・天城湯ヶ島の森」において、東京都大田区の共催、(社)共同通信社および日本空港ビルデング(株)の後援により、お子様を始めとした大田区の皆様方とともに植樹イベントを開催致します。

 「私の青空 羽田空港・天城湯ヶ島の森」は、ANAグループが就航している国内の全空港を対象とした「森づくり」の第1弾として、今年1月に林野庁と80年間の“法人の森林(もり)”(分収造林)契約を締結し、当初3ヶ年で約7,000本のヒノキ・ミズナラ・イタヤカエデ・ハルニレ・ヤマザクラを植樹する計画としており、今春にはANAグループの役職員と家族によって約1,200本の苗木を植樹しました。

 今回も約1,200本のヒノキの苗木を植樹致しますが、そのうちの180本は今夏に伊豆市湯ヶ島から大田区内の小・中学校18校の校庭に運び、児童や生徒が大切に育てた苗木で、再び「私の青空 羽田空港・天城湯ヶ島の森」に植樹し、里帰りさせることとなります。

 また、当日は森林生態系について研究されている京都大学フィールド科学教育研究センターの徳地 直子助教授による『青空塾』を開講し、大人も子供も自然とふれあいながら、「森林整備と生態系」や「森と水との関係」などについての講義を受け、私たちの大切な地球の環境について考える‘ひととき’も過ごして頂きます。

 ANAグループは、今後とも「人と地球を考える」をキャッチフレーズに環境保全を経営の最重要課題の一つと位置付け、積極的にCO2排出量の削減や騒音の低減について努めるとともに「森づくり」をはじめとした『私の青空』環境貢献活動も推進して参ります。

 
 
 
 以上
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
大田区の皆様と「私の青空 羽田空港・天城湯ヶ島の森」!