NEWS ANA

第04‐148号
2004年11月25日

2月17日からANA国内線ネットワークが広がります。
〜中部国際空港の開港にあわせて名古屋発着路線を大幅拡充!〜
〜北海道国際航空運航の羽田−札幌・旭川線のコードシェア便を拡充!〜
〜 福 岡−沖 縄 (那覇)線を1日8往復に増便!〜

 ANAは本日2004年11月25日(木)に、2005年2月17日(木)以降ご搭乗分の国内線運航ダイヤを、国土交通省に申請・届出致しました。
 今後ともご利用の皆様の利便を向上させるよう、国内ネットワークの充実を図って参ります。どうぞご期待下さい。(当該ダイヤについては、政府認可を申請中です。)
 
 
1.名古屋発着路線を大幅増便
 
 中部国際空港の開港にあわせて国内路線の新規開設・増便を行います。これまでの17路線1日51往復*から、22路線1日63往復*へと大幅に拡大し、国内最大の名古屋路線ネットワークとなります。また、乗継ぎに大変便利な中部国際空港を経由して、日本各地から国内・海外へとネットワークがさらに広がります。(ダイヤ別添資料参照)

*名古屋―稚内線の季節運航便含む(6月〜8月 1日1往復就航)
 
 
2.北海道国際航空運航の羽田−札幌・旭川線のコードシェア便を拡充
 
 2005年3月18日(金)から、北海道国際航空の運航による羽田−札幌(新千歳)線、また、2005年3月25日(金)から、羽田−旭川線のコードシェア便を各々1往復づつ増便します。これにより、羽田−札幌線は1日24往復(コードシェア便9往復含む)、羽田−旭川線は1日3往復(コードシェア便3往復)となります。
 
 
 
 
3.福 岡−沖 縄 (那覇)線を増便
 
 2005年2月17日(木)より、ご好評頂いているANAの福岡−沖縄線が、現行の1日7往復から1日8往復へと増便いたします。今まで以上に多くの方々に便利にご利用頂けるようになります。
 
 
 
 
4.北海道国際航空運航の羽田−函館線でコードシェアを開始
 
 2005年3月18日(金)より北海道国際航空が就航予定の羽田=函館線にて、コードシェアを開始いたします。
 
 
 
 以上
 
( 別添資料)
2005年2月17日〜 中部国際空港発着便一覧
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
2月17日からANA国内線ネットワークが広がります。