NEWS ANA
   

第05‐037号
2005年3月9日

本邦初、国際線の機内エンターテイメントに
3Dサウンド技術を導入
〜最先端技術の音を映画やオーディオ番組に採用〜

 ANAは、2005年4月より機内エンターテイメントプログラムに、ダイマジック社の特殊技術である「3Dサウンド技術」を本邦航空会社では初めて導入いたします。
ダイマジック社(商号:株式会社ダイマジック):主な事業として3D音響(バーチャルサラウンド)に関する研究成果をベースにした自社製品の開発、製造、販売をはじめとして、3Dサウンドコンテンツ制作処理、配信業務、並びにライセンス/コンサルタント業務なども手掛け、ユーザーの求める優れたコンテンツをよりよい環境で提供することを事業目的とした企業。

 この度導入いたしますDiMAGIC HeadphoneTM技術は、同社が独自に開発したサラウンド再生技術です。この技術により、ヘッドホンからの「音」を聞いている状態で、両耳で自然に「音」を聞いている感覚、つまり「音」がいろいろな方向からやってくる感じを実現します。ANAでは、このダイマジック社の技術により、機内の音環境、再生システムに最適化された「3Dサウンド」を、機内のエンターテイメントに採用することで、映画を臨場感たっぷりに、また波の音や鳥の鳴き声など、自然の音とともにお客様に癒しの空間をご提供します。

 ANAならではのおもてなしはもちろんの事、新技術を機内エンターテイメントに対しても積極的に採用し、移動中のお客様に快適なひと時をご提供してまいります。海外へのご旅行、ご出張などには、ANAをご利用頂き、是非3Dサウンドの心地よさに触れてください。3Dサウンドに関する概要は次のとおりです。

3Dサウンドに関する概要
 
 
●導入時期: 2005年4月1日(金)より導入予定
●対象機材: 国際線AVOD設置機材全クラス
※スーパースタイル機材(B747-400、B777-200ER)におけるエコノミークラスも対象。
●導入内容: 国際線機内エンターテインメントプログラムの充実を目的とし、ダイマジック社の3Dサウンド技術を導入した映画、オーディオプログラムの提供
●対象番組: 映画、オーディオともに1〜2タイトル(月により増減あり)
※3Dサウンドのご試聴URL(ダイマジック社ホームページ): http://www.dimagic.co.jp/
 
 
 
 以上
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
本邦初、国際線の機内エンターテイメントに3Dサウンド技術を導入