NEWS ANA

第05‐065号
2005年4月26日

水の大地、釧路湿原国立公園で『私の青空 森づくり』!
 道東第1弾は「私の青空 釧路空港・標茶(しべちゃ)町湿原の森」 〜
〜 地元標茶町出身ANA伊藤執行役員も植樹に参加いたします
 

 ANAグル−プでは、本日4月26日(火)、北海道川上郡標茶(しべちゃ)町字コッタロにある町有林で「私の青空 釧路空港・標茶町湿原の森」として森づくりすることについて、標茶町(町長:今西猛)、豊かな緑と魚のリバーサイド植樹活動実行委員会(委員長:濱隆司(たかし))および京都大学フィールド科学教育研究センター(センター長:田中(まさる))と合意致しました。

 「私の青空 釧路空港・標茶町湿原の森」は、昭和62年に指定された釧路湿原国立公園内に位置し、日本最大の湿原の特別保護地区にはタンチョウ・イトウ・キタサンショウウオ・エゾカオジロトンボなどの野生生物が生息し、ヨシ・スゲ・ミズゴケの湿原やハンノキ林、蛇行する河川や湖沼群など貴重な環境を擁しております。

 来る5月29日(日)には、この自然豊かな湿原の環境を未来に残せるよう、三ッ輪運輸の共催、北海道・釧路市・釧路空港ビル等の後援のもと、地元をはじめとした約200名のボランティアの皆様方とともに地元標茶町出身のANA執行役員伊藤博行(整備本部副本部長)も帰郷して約1,000本のミズナラ・エゾヤマザクラを植樹いたします。
 また、標茶町に北海道研究林を有する京都大学フィールド科学教育研究センターより森林資源管理学を研究されている竹内典之(みちゆき)教授を招き、“標茶の森”について学ぶフィールドセミナー『青空塾』を開講し、私たちの大切な地球の環境について考える‘ひととき’も過ごして頂きます。

 昨秋、北海道標茶高校の畑に園児や同校生徒が植えた「町の木 ミズナラ」のドングリは、すくすくと育っており、数年後には苗木として「私の青空 釧路空港・標茶町湿原の森」に植樹する予定となっております。

 今後ともANAグループは、「人と地球を考える」をキャッチフレーズに環境保全を経営の最重要課題の一つと位置付け、積極的に環境貢献活動を実践して参りますので、皆様方の「私の青空 釧路空港・標茶町湿原の森」へのご参加をお待ちしております。

 
 
  以上
 
 
【植樹についてのお問い合わせ】ANA釧路支店 「私の青空 釧路空港 ・標茶町湿原の森」事務局
TEL 0154-25-5678 月〜金 9:00〜17:00
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
水の大地、釧路湿原国立公園で『私の青空 森づくり』